刑務官の大変なこと、苦労

人間関係をうまく築けるか

刑務官は心身ともにプレッシャーがある仕事です。

まず人間関係の問題があります。自衛隊や警察と同じく上下関係が厳しいです。職業柄武道の有段者なども多く、そういった体育会系の文化が合わない人は厳しいでしょう。

また一度勤務につくと簡単に外出はできません。一日のほとんどを刑務所内ですごし、自宅でさえ敷地内の官舎の場合があります。そのため閉鎖的な環境の中で濃密な人間関係ができやすく、問題が起きるとかなりいづらくなってしまいます。

この人間関係の問題で退職する人が多いといいます。

仕事のストレス

仕事として施設内の秩序を保ち、受刑者を指示に従わせ、監督していかねばなりません。時には刑務所内で事件を起こしたり、人間的に問題がある相手もいます。心の中では嫌でも、威圧的な態度を取ったり懲罰を与えなければいけないケースなども出てくるわけです。

性格的にそういったことが向かない人や神経が弱いとストレスになることもあるでしょう。まれではありますが、拘置所などの配属になった場合、死刑の執行手続きにたずさわるケースも出てきます。

刑務官の負担が増えている

肉体的な面ではまず一日の大半が刑務所内での勤務で、警察などと同じく軍隊式の秩序だった態度や監督姿勢が求められます。基本的に一ヶ月に8日休みで一日八時間勤務です。交替制などもありますが、数日に一度の割合で夜勤があり、その際の勤務時間は十数時間を超えます。

特に現在は刑務所での過剰収容が起きており、それに伴って残業時間の延長や刑務官一人あたりの負担が倍増している状態です。ストレスによる刑務官同士のいさかいや、受刑者への人権侵害なども問題がしばしば見られます。

刑務官は八ヶ月の研修の段階での脱落も多く、一定の離職率は常にあるのが現実です。単に「安定してるから」といった安易な理由で入ると、苦しいかもしれません。