刑務官の訓練

刑務官は警察・自衛隊と同じく保安や警備を主な任務としています。このため、刑務官の訓練もそういった目的への実地に役立つことであるのが多いです。

武道・護身術

治安とのつながりで、相手への逮捕・鎮圧・護身術は必修となります。矯正護身術に関する検定試験も存在しています。まずよく知られているように武道があります。柔道と剣道の選択ができ、任官してからも定期的に訓練があります。

武道大会も開催されていますが、武道の中身は未経験者がまったくできないような厳しいものではありません。

矯正護身術はいわゆる逮捕術に通じるもので、刑務官が相手の暴力から身を守り、相手の行動を封じるためのものです。

戒具の使用

戒具というのは要するに相手の身体を拘束して自由を奪う道具です。手錠や捕縄から鎮静衣、防声具などがあります。これは施設での暴動や逃亡、刑務官への暴力などを鎮圧するための器具です。

また精神的な問題から暴れたり周囲に脅威を及ぼす受刑者もいるので、一時的に拘束するケースも出てきます。こうした道具を使って取り押さえることが多いので、刑務官は使い方の訓練を受けるわけです。

集団行動の訓練

受刑者の指導や教育のやり方、号令や呼びかけ、挨拶の仕方から刑務官にふさわしい立ち居振る舞い、機動隊や警察と同じく、警棒や防具を装備して集団で鎮圧や警戒行動に当たる訓練等、刑務官個人としてでなく、組織の中で円滑な集団行動ができるようになるための訓練が行われます。

射撃の実技

通常は刑務官は拳銃を携帯していません。これは何らかの鎮圧を要するような非常事態に備える意味合いで行われています。現実では実際に携帯が必要とみなされた場合は装備されます。

訓練は警察と同じく実弾を使ったものとなります。

その他の訓練

全員で水泳やマラソン、遠距離行軍などの一般的な体育の訓練活動から、山登りや野外でのローテーション活動、いざという時の人工呼吸や応急処置などの救護活動の訓練もあります。