刑務官の勤務時間・休日

基本的な勤務体系

刑務官の勤務時間は1週間あたり勤務時間は38時間45分と定められています。シフトは昼間勤務と昼夜間勤務の二つに分かれ、施設によって多少差はありますが、下記に一例を記します。

<昼間勤務>
日勤の勤務時間は朝7時頃から夕方17時までです。中途で30分の休憩を何度か挟み、合計で2時間の休みを取得するため、実質の勤務時間は8時間が基本です。昼夜間勤務においてもそうですが、勤務時間中は原則として外に出られません。

<昼夜間勤務>
昼夜勤は、AM7時30分に出勤する場合は翌朝の7時30分までの勤務となり、拘束時間は24時間です。また、何か問題が起きた場合は延長されることがあります。

24時間の勤務中、4時間程度の仮眠が取れるようになっています。仮眠時間の早寝と遅寝のシフトを組みますが、遅寝の場合は夜中の2時ごろから仮眠となります。雑用その他で仮眠時間が潰れることもあり、1時間程度しか仮眠が取れないといった状況となることもあります。

24時間勤務の翌日は非番となり、その翌日は休日となることが一般的です。同僚との兼ね合いでさまざまな調節がなされますが、基本的にこのローテーションで繰り返していき、一ヶ月に8日の休みとなります。

その他の休暇

刑務官は年間20日の有給休暇が認められています。ただし任官一年目は15日となります。主に認められている休暇として「年末年始、夏季、結婚、出産、介護、病気、慶弔」などがあります。

夏休みなどには3日間の夏休みがあり、その際に他の休暇とまとめて長めに取るのも可能となっています。ただし刑務官というのは一定の人員がどうしても必要となりますので、基本のローテーションが決まると、急な休みは取りにくい面があるのも事実です。

新人は休暇が取りにくい

近年では刑務所の過剰収容などの問題も出てきて、刑務官一人あたりの負担が増えてきているのが現状です。また精神的な負担が大きい職場ですので、新人刑務官の退職や病気という出来事も多いので、人員不足による不慮の勤務という事態も想定しておかねばなりません。

突発的な病気などで休んでしまうと、同僚や先輩に迷惑がかかるということから、軽い体調不良などでは本人や周りも我慢して出て行くということが期待されています。

多忙で突発的な出来事が頻発する施設などでは、休日出勤や超過勤務も度々発生し、特に若い人間がしわ寄せがいってしまい、さらに離職率が高まるという悪循環も起こってきています。

階級が低い間は職務や人間関係の理由で表立った休暇が取りにくく、先に挙げた長期間の休暇などは取りにくく、十分に取れるようになるのは一定期間が過ぎて階級が上になってからというケースもあります。