刑務官の1日

始業

通常の日勤は通常は7時に開始です。まず朝は時間厳守で10分前頃までに到着しておきます。まず皆が整列する中で、必ず所持していなければならない携行品のチェックをされます。携行品は「刑務官手帳」「携帯捕縄」「呼子笛」の三つです。

上官の責任者から訓示があり、当日に何かの注意事項があればその話が出ます。当然ながらこの朝の点呼には必ず間に合うように出勤しなければならず、遅れた場合は罰則があります。

交代で勤務に就いているために、それまで勤務していた職員から、受刑者や施設運営に関する特別な知らせや、不審なことなど何らかの伝達事項がある場合は報告を受けます。

午前中

朝は受刑者の部屋の見回りから始まります。「開房点検」と言ってちゃんと起床しているか一つ一つの居室を見てまわります。この際には、収容されている受刑者の健康状態のチェックもかねているため、受刑者も正座・整列して点検を受ける態度でいます。

点検が済んで異常がないと認められると、受刑者たちは朝の朝食となります。

朝食が住むと刑務作業の現場まで引き連れていきます。作業中に違反行為などを起こさないようにするための監督、作業をスムーズに進めていく為の指導などを行っていきます。

午後

昼食が終わると、午後からまた作業になります。

その日が入浴日である場合は浴場まで連れて行き、時間内にすべての受刑者が終わるよう、滞りなく入れ替わらせて入浴させます。数十分の運動時間などがあるときは運動場などに連れて行き、マラソンや球技など体育活動を行わせます。

また面会や散髪がある場合は担当の部屋に引率し、隣にいて時間や話の内容や態度を監督していきます。そして作業が終わると房への帰還となりなります。

勤務時間と休憩

一連のこういった監督作業が基本的に8時間拘束となりますが、合計で2時間程度の休憩はあります。しかし一回が30分程度でその間に報告から食事やトイレなどの私用もすませねばなりません。

夜勤もある場合は合計で24時間勤務となりますが、仮眠や休憩ももちろん用意されています。最近は収容人数が増えたため、時に不規則な超過勤務なども増えているのが現状です。