刑務官は激務?

勤務ローテーションは決まっている

公務員であるため、勤務時間や休日はしっかりときまっています。日勤は7時~17時(2時間休憩)まで、夜勤の場合は最長で24時間(仮眠4時間あり)、夜勤明けは非番で休みに入るというローテーションが基本となっています。

さほど忙しくない配属先なら、この基本パターンがよく守られ、さほどの激務に見舞われるといったことはあまりありません。しかしながら、配属先や現場の事情によってはかなりの激務になることがあります。

職員同士のプレッシャー

刑務官なので護身術や武道の訓練はついてまわります。また武道経験者なども多く、休日等にも稽古に駆り出されることがあります。

最初は隣接した官舎に住むことが多く、そのためプライバシーが侵害される人間関係になることもしばしばです。先輩の付き合いで休日がなくなってしまうこともあるかもしれません。

職場によっては平穏に業務を行うことができますが、厳しいところだと勤務中は軍隊並みの緊張感とストレスがあって気が抜けないそうです。

人員不足で労働時間が増加

近年刑務官の労働時間が増えている原因に「受刑者の増加」が一番にあります。犯罪件数の増加や外国人受刑者も増えてきた割に、職員側の増員がさほど行われていません。また、職場環境になじめず退職者する人もいるので、現在勤務している職員に負担が増えるという結果になっています。

新米や下の階級でいるあいだは有給休暇を取得しづらく、非常召集などでも新人が使われやすい職場も多いようです。こうした状況に耐え切れず新人が辞めてしまい、離職率にも影響をしています。

この人手不足の悪循環から手が足りないために勤務の延長や休日出勤でプライベートな時間が削られて、予算の関係上、事実上のサービス残業をせざるを得ないこともあるようです。