経営企画の社内での位置づけ、役割

経営のかじ取り役

経営企画は、「経営のかじ取り役」に例えられます。企業を発展に導く役割を担っているからです。

それでは、企業を発展に導く役割とは、どんなものでしょうか。具体的に紹介してみましょう。

経営の管理役

経営企画では、全社的な視点に立った企業の経営計画立案、管理を行います。

社内外の環境を踏まえた企業としての中・長期的な目標を設定し、目標達成のための全社最適な予算、経営計画を策定。

計画が実行段階に移れば、その進捗状況を確認し、必要に応じ計画の立て直し策も立案します。

また、企業の経営課題を見出し、部門の垣根を越えた企業全体の改善策に取り組んだり、未知の事業領域に踏み込む新事業、業務・事業提携、M&Aなどに関連したリサーチ・検討・推進を行うこともあります。

将来や企業経営全体を見渡しながら管理業務に当たるわけです。

経営幹部の補佐役

経営陣が重要事項を議論する経営会議の資料準備、招集、運営、議事録作成なども、経営企画が受け持ちます。

論点を明らかにしたわかりやすい資料の作成や、それぞれの発言の意図を正確につかみながらの会議進行により、多忙な経営陣がスピーディーに正しい意思決定ができるよう補佐します。

このような的確な補佐を可能にするために、議題に関連した情報はもとより、日頃から社内や競合他社の状況、社会環境の変化などについて幅広く情報を得ているといいます。

こうした地道な努力の積み重ねの上に、経営陣の補佐役を務めています。

企業と社会をつなぐ役

上場企業の場合、投資家などを対象に企業の財務内容などの情報を提供するIR活動や、株主総会運営などの株式事務を経営企画が行うこともあります。

経営陣の代行役として自社ホームページをはじめ、決算説明会、投資家向け会社説明会などの各種IRイベント、個別の取材対応などで、財務・業績などに関する情報を開示すると同時に、投資家などからの質問にも対応します。

企業としての公式見解、戦略などを正確に理解した上での情報発信や、IR活動・株式事務で得た有益な意見の経営への反映により、企業と社会をつなぎ、企業の社会的評価を高めるようにします。

このように経営企画は企業経営を前進させる重要な役割を果たしているといえるでしょう。