経営企画への転職、未経験採用

経営企画への需要は強まっているが、競争率高し

超高齢社会に突入し、活力を失いつつある日本では、多くの企業が、経営基盤強化を狙って新分野や海外進出などを進めています。

こうした状況もあり企業の中には、企業のチャレンジを担える人材を社内外から集め、経営企画部(室)に配属するところが出てきています。

とくにネット関連企業など、勢いのある企業は経営企画の充実に力を入れているようです。

このように経営企画を求める声は高まっていますが、基本的に少数精鋭の部署であるため、中途採用の競争率は高いといわれます。

それではどういった条件の応募者なら、採用されやすいのでしょうか。経営企画経験者と未経験者に分けて見てみましょう。

海外に強い経営企画経験者、需要高まる

海外進出や海外での業務提携、M&Aに前向きな企業が増加しているため、海外でのビジネス経験豊富な経営企画スタッフを探す企業が増えているといいます。

ただし要求されるのは単なる経験の有無ではなく、業務提携やM&Aの成功実績。

業務提携やM&Aを経て組織をひとつにまとめ、手にしたビジネスや技術を企業の業績アップに貢献させた経験です。

こうした経験のある人なら、かなりの年収で迎えたいという企業は少なくないようです。

「経営企画への転職」に強い職種は?

1.コンサルタント~成功者多いが歓迎されない場合も

経営企画への未経験転職成功者の中で、比較的多いのが元コンサルタント。

コンサルタントの仕事の基本は経営企画に求められる「経営課題の抽出と解決」ですから、即戦力として迎えられるのも不思議ではありません。

しかし「コンサルならなんでもいい」というわけではないようです。

一般に、戦略系、総合系と呼ばれる企業経営全体を見つめて課題に取り組むコンサルへの評価は高く、人事評価や報酬などの制度再構築やマネジメント手順の見直しなど限定的な課題を扱うコンサルへの評価は伸び悩みがちです。

2.経理財務~数字に強いと評価高い

高評価を得ているもうひとつの職種は、日常的にデータ分析に取り組む経理財務職。

経営企画では、経営計画の立案から、事業の進捗状況の把握や課題の発見にいたるまで、さまざまな場面でデータ分析が必要になります。

そのため、数字を読み解く力に長けた経理財務出身者は、高く評価されやすくなります。

3.マーケティング~仕事の流れの類似が有利

数字をもとに状況をつかんで戦略を考え、実行して結果を検証、戦略を見直す。マーケティングにおけるこの一連の仕事の流れは経営企画と似通っています。

そのため、一定以上の結果を出してきたマーケティング畑出身者が、経営企画に迎えられるケースもあるといいます。

4.営業~厳しいが道はある

一般に営業から経営企画への転職は難しいとされていますが、高いセールス実績や新規事業立ち上げへの参加経験などがあれば採用の道は開かれます。

新規事業開発は、経営企画にとって重要な仕事の一つだからです。

顧客に最も近いところにいる営業ならではの顧客目線で新規事業提案などができるなら、さらに転職の可能性は高まるでしょう。