経営企画のつらいこと、大変なこと、苦労

高度な能力が幅広く必要

経営企画の大変さの一つは、仕事内容が多岐にわたるため、いろいろな能力が求められることです。

経営の計画を立て管理する経営管理業務では、情報収集・分析力が必要です。

集めた情報をもとに競合他社の状況や社会動向をつかんだり、各事業が企業全体にどれだけ貢献しているか、効率的に利益を生んでいるか、計画を見直す必要がないかなどについて、さまざまなデータを分析し、判断しなければならないからです。

一方、IR活動では開示する内容についてわかりやすく解説するプレゼンテーション力、経営会議運営では、個々の会議参加者の意見を引き出してまとめるファシリテーション力が不可欠。

さらに業務・事業提携やM&Aを進める際には、相手の状況を察しながらの駆け引きや交渉に長けていることが要求されます。

ある程度以上の経営企画スタッフを抱えた企業なら、業務を分担できますが、少人数の場合は、一人のスタッフが複数の業務を掛け持ちすることになるので、各スタッフにはさまざまな能力が求められ負担が増します。

プライベートな時間を削って勉強

経営企画では能力の幅広さと同時に高さも要求されます。そのため、休日などを勉強時間に当て、能力に磨きをかけなければならないことがあります。

とくに、新人の多くは、経営企画に不可欠なデータ分析力の学習に時間を割くようです。

財務諸表の理解に始まり、管理会計や統計学などが身についてくると、より深いデータ分析ができます。

部署に配属された最初の数年間は、休日返上で関連書籍に目を通したり、セミナーなどに通ったりなどして、これらについて学ぶといいます。

経営陣と事業部門との板挟み

経営企画にとってもう一つのつらいことは、経営陣と事業部門との意見調整。

経営企画では事業部門ごとの利益計画、設備投資計画、予算などを取りまとめ、全社的な目標や重点課題、各事業部門の過去の業績などと照らして調整し、最終的な計画や予算を策定します。

しかしときには、経営陣の考えと事業部門の意向に開きがあり、調整に手間取ります。

経営幹部からは「全社的視点で考えろ」と指示され、事業部門からは「現場がわかっていない」と叱責される。両者のプレッシャーを受けながらの調整は、骨が折れるそうです。