警備員の現状と将来性

警備員にまつわる噂話

一般的に警備員といえば、年配の人や他の仕事からの転職組イメージが一部にあります。年配の人が多いこと、転職組が多いこと、これらはいずれも事実です。

年配の人や転職組の人はアルバイトで勤務している人が多いですが、新卒やそれに近い年齢で警備会社に就職し、正社員として働く人もいます。

正社員採用の方の場合、アルバイトの方と比べて、キャリアの組み立て方が根本的に異なります。

警備員の求人がなくなることはない

これだけ多くの施設や工事現場が常にあるという状況を考えると、警備員の求人が今後大幅に減ったりなくなったりすることは考えにくいでしょう。

最近ではホームセキュリティといって個人の住宅でも警備会社を入れるケースが多くなっているため、むしろ警備員の人員ニーズは今後さらに高まっていくと見られています。

その一方で防犯カメラやコンピューター制御による警備システムの普及も進んでおり、人員をあまり必要としない警備のスタイルも確立しています。

今後はこうしたシステムの扱いに長けた人材へのニーズが高くなることが予想されており、警備員の世界もIT化と無縁ではいられないということでしょう。

将来を考えた警備員のキャリアアップ

もちろん最初は現場での仕事が中心になりますが、単に同じ警備業務を何年もするだけでなく、資格を取得するなどをしてより専門性の高い警備業務を目指すという姿勢を持っていると、警備員としてのキャリアアップが現実味を帯びてきます。

特別な技能を必要としない警備業務は担い手も多く、どうしても買い手市場になりがちです。

しかし、特別な技能を身に付け、その技能がないと担当できないような警備業務に就くことは警備員としてのキャリアアップにつながり、一生の仕事とする価値も出てくるのです。

仕事体験談