警備員になるには

現場に出てからが大切

警備員になるために、必要な資格というものはありません。警備会社に就職をして必要な研修を受けて現場に出るようになれば、その時点で一人の警備員の誕生です。

警備会社が出している警備員の求人に応募をして合格すれば警備員になることができますので、これだけを見るととても簡単なようにも見えます。しかも、求人雑誌などを見ると警備員の求人はとても多いので、警備員になること自体はそれほど難しくはありません。

しかし、どんな仕事でもそうですが、就職をすれば完了ではありません。その仕事に就いて人から頼りにされるようなプロになってこそ、本当に仕事を自分のものにしたということになります。

警備員になることが難しくはなくても、一人前の警備員として活躍するには現場に出てからが大切だと心得てください。

新卒で警備会社に就職

現在、警備会社の採用活動は新卒学生へのウェイトを高めています。高校や大学を卒業したばかりの人を新卒採用し、現場や裏方の両方を幅広く体験させることで将来の幹部候補生にしていくという考え方です。

このような形で警備員になるには、高校3年生や大学4年生という、進路を考える時期に就職活動を行って合格し、採用される必要があります。

近年では警備員へのニーズが高まっているため、新卒採用も増加傾向にあり、学生さんの中には有望な就職先として考えている人も多いそうです。

就職試験に合格をすると正式採用日から研修がしっかりと行われ、それぞれの現場に出て行くという流れになります。

中途採用で警備会社に就職

新卒学生へのウェイトが高くなっているとは言え、中途採用も活発に行われており、特に中小規模の警備会社になると中途採用のほうが圧倒的に多いというケースも少なくありません。

中途採用求人の探し方は簡単で、求人サイトや求人雑誌、または新聞の求人広告ページなどにある求人に対して応募をして、採用試験を受けるという形になります。

どこも人手不足なので採用される可能性は高く、めでたく採用となったら研修を受けた上で現場に配属されます。

仕事体験談