警備員の1日

現場に直行直帰の場合が多い

警備員の仕事には、必ず現場があります。自宅から現場に直行をして、そのまま現場で勤務を終えると自宅に直帰するというパターンが多くなります。

警備会社の事務所がどこにあるのかにもよりますが、ほとんどは電話などで会社に出勤と退勤の連絡をして、直行直帰します。これは実際に警備員として働いている人の多くを占める施設警備、交通誘導警備、それぞれに共通しています。

施設警備員の、ある一日

このケースは、ショッピングセンターに勤務するガードマンを想定しています。ショッピングセンターの営業時間は日中時間ですが、夜間にも警備を担当しているガードマンがいるので、業務の引き継ぎがあります。

現場への出勤と、現場からの退勤時には所属する警備会社に電話連絡を入れますが、それ以外には警備会社との接点がないところも警備員勤務の特徴です。

09:00:現場であるショッピングセンターに出勤
09:10:所属する警備会社に出勤の連絡を電話で入れる
09:20:深夜に警備を担当していた現場の人と、業務の引き継ぎ
09:30:勤務開始 主な仕事内容は館内巡回、トイレや道案内など
14:00:他の警備員と交代で昼食、休憩など
15:00:再び警備業務
21:00:警備業務終了
21:10:夜勤担当の警備員に業務引き継ぎ
21:15:警備会社へ勤務終了の電話連絡
21:20:帰宅

交通誘導警備員の、ある一日

ここでご紹介する交通誘導警備員のケースは、夜勤です。道路工事の大半は交通量が少ない夜間に行われるため、必然的に交通誘導警備員の仕事も夜勤が中心になります。

多くの現場が20時からの勤務となっているため、それまでに夕食を済ませて出勤することになります。休憩時には夜食を食べたり、短い仮眠をして、体を休めます。

19:30:工事現場に出勤
19:40:所属する警備会社に出勤の電話連絡
19:50:仕事内容の確認や打ち合わせ
20:00:勤務開始 主な仕事内容は交通誘導
01:00:他の警備員と交代で夜食、休憩など
02:00:再び警備業務
05:00:警備業務終了
05:10:警備会社に勤務終了の電話連絡
05:20:帰宅

仕事体験談