家庭裁判所調査官のやりがい、魅力

社会的意義の大きさ

家庭裁判所調査官が扱う家事事件や少年事件では、家庭内の紛争に巻き込まれてしまった子ども、そして非行を犯してしまった少年に寄り添い、彼らのより良い将来について共に考えます。

家事事件では、離婚などにより家庭内の紛争に巻き込まれてしまった子どもが本当に望んでいることは何なのかなど心情を理解することが大切です。

ときには両親に子どもの心情を理解してもらいながら、子どもの親権や面会など、子どもの将来にとって最良な解決策は何であるのかを考え、感情の対立を解消できるよう取り組みます。

また、少年事件では、非行を犯してしまった少年が抱える問題を調査するため、環境を調査し、さまざまな角度から観察し、少年の心からの反省を促すため教育的な指導を行うなど、立ち直りを支援します。

その結果として、その少年の成長が感じられた時は非常におおきなやりがいを感じることができるでしょう。

人を相手とする仕事であるため、思うように進まないことは当然多くあるでしょう。

一方で、子どもや少年たちは、将来の社会をつくっていく存在であるため、家庭裁判所調査官の仕事は社会的意義も非常に大きいといえるでしょう。

自分自身の人間性を高められる

家庭裁判所調査官の仕事では、事件の原因や背景などを理解するため、多くの人と話をし、さまざまな環境や人生に寄り添いながら調査を進めます。

業務を進める中では、自分の人生で経験してきた中で学んだことを総動員することが必要となります。

事件の核心に迫るなかでは、それまでの自分では理解できなかったようなこと、また新しい気づきも多くあるでしょう。

少年たちの成長を促すことで、自分が成長できると感じられることもあるでしょう。

高度な専門性を得られる

家庭裁判所調査官は仕事上、法律の知識はもちろん、行動心理学など人の内面を理解する多くの知識を必要とします。

そのため、基本から学ぶことのできる専門研修から、現場の最先端で活躍する専門家などの講義を受ける機会なども充実しており、専門的なノウハウを得られます。

そして、現場でそれらの知識を活かすことができるため、多くの経験を積むことで高度な専門性を身に着けることができます。