家庭裁判所調査官の仕事内容

家庭裁判所調査官の仕事は面接が基本 家庭裁判所調査官は、全国にある家庭裁判所で扱う「家事事件」や「少年事件」について、その事件の当事者や家族、原因や背景などについて調査を行うことを主な仕事とします。 調査においては、事件 … 続きを読む

家庭裁判所調査官の1日

スケジュールの自己管理が必要 家庭裁判所調査官は、担当する事件に対して、個人で調査を進めることが多くなります。 関係者との面接、調停や審判など多くの業務を抱えるため、業務をスムーズに進めるためスケジュールの自己管理が必要 … 続きを読む

家庭裁判所調査官の役割

家庭裁判所の理念 家庭裁判所の理念は「家庭に平和を、少年に希望を」であり、家庭内で起こる紛争や少年の犯した非行による事件などを扱っています。 家族内の紛争や少年の非行を、通常の訴訟手続きのように公開裁判による審理や刑罰を … 続きを読む

家庭裁判所調査官の勤務地、異動、転勤

家庭裁判所調査官補採用時の勤務地 他の国家公務員の場合、採用試験の際に希望する官庁訪問に行き、そこで内定を獲得することで希望するところに勤められる可能性があります。 一方で、家庭裁判所調査官補の採用試験の場合は、官庁訪問 … 続きを読む

家庭裁判所調査官のやりがい、魅力

社会的意義の大きさ 家庭裁判所調査官が扱う家事事件や少年事件では、家庭内の紛争に巻き込まれてしまった子ども、そして非行を犯してしまった少年に寄り添い、彼らのより良い将来について共に考えます。 家事事件では、離婚などにより … 続きを読む

家庭裁判所調査官の研修、勉強すること

業務で必要となる知識や技術を得られる研修 家庭裁判所調査官は、法律や行動科学といった専門知識をベースとして、家庭内の紛争や少年が起こした事件について調査します。 そのため、家庭裁判所調査官補として採用されると、それらの専 … 続きを読む

家庭裁判所調査官の現状と将来性

家庭裁判所への申し立て事件の増加 家庭裁判所創立から60年以上を経て、近年の家事事件ではとくに「成年後見事件」の申し立てが増えています。 成年後見制度は、「認知症」「知的障害」「精神障害」などにより物事を判断する能力が十 … 続きを読む

家庭裁判所調査官と裁判所書記官の違い

採用試験の違い 家庭裁判所調査官は裁判所職員採用総合職試験(家庭裁判所調査官補)の試験に合格、採用され、2年間の研修を受けることで家庭裁判所調査官に任官されます。 一方で、裁判所書記官になるには、裁判所職員採用試験(裁判 … 続きを読む