家庭裁判所調査官に向いている人、適性

責任感の強い人

家庭裁判所調査官は、離婚や親権者の変更といった家庭で起こる紛争事件や少年の非行による事件を徹底的に調査して報告書を作成します。

そして、その調査報告書は裁判官の審判に大きな影響をもつものとなります。

審判は、家族や少年の人生にとって大きな岐路となり、その後の人生への影響は計り知れません。

そのため、家庭裁判所調査官は、重要な役割を担っているという責任感をもって丁寧に業務を行う必要があります。

粘り強く物事に取り組める人

家庭裁判所調査官は、事件の背景などの客観的事実から原因などを調べ、また関係する人々の心の問題などに迫りながら調査を行います。

たとえば、非行を犯した少年についての育成歴、学校での様子、友達との関係を徹底的に調べ、また少年と面談を繰り返します。

少年との面談では、事件について、「どうしてそんなことをしたのか?」と聞いても、上手く気持ちを表現できなかったり、心を閉じて全く話さないということも珍しくないでしょう。

そのような場合でも、少年の心に寄り添い粘り強く対応する姿勢が重要となります。

人への気配りと温かさ、客観的な視点をもつ人

家族の争いや少年の非行などは扱うのが微妙で難しい事件ともいえます。

ときには理解や共感できないような事件であっても、家庭裁判所調査官は家庭や少年に寄り添い、将来にどうすればより良く更生されるのかという考えを根底にもち、人間的な気配りや温かさをもった対応が求められます。

また、一方では決して感情に流されることなく、法律的な観点や、冷静で客観的な視点とのバランスが必要となります。

フットワークの軽い人

家庭裁判所調査官は、日々の業務でも、たとえば少年事件を担当する場合は、少年の学校や少年鑑別所などの関係機関に出向いて情報収集や面談を行う必要があり、外出や出張が多くなります。

そのため必要であればどこでも駆けつけるといったフットワークの軽さが必要でしょう。

転勤が苦にならない人

家庭裁判所調査官は、他の国家公務員と同様に、定期的、またキャリアに応じて転勤が避けられない職種です。

そのため、新たな勤務地に転勤することになっても、新しい経験ができるチャンスだと前向きに捉え、またその地域生活を楽しむことができることが求められます。