家庭裁判所調査官のつらいこと、大変なこと、苦労

人生の岐路に影響を与える責任の重さ

家庭裁判所調査官の調査報告書は、裁判官が審判する上で非常に重視されます。

自分の行った調査報告の内容によっては、家族内の紛争を解決する機会とならなかったり、また少年を更生へと導けなかったりということにもなりかねません。

つまり、問題を抱える家族や少年の人生の岐路に対して非常に大きな影響を与える仕事といえます。

どのように力をつくしたとしても、思い通りに進められない壁にぶつかることがあります。

また、家庭裁判所調査官の仕事は、自身の経験や高い人間性が求められることから、力不足で悩むことも多い仕事かもしれません。

話を聴き、理解し、立ち直りを支援することの難しさ

家庭裁判所調査官は、家事事件、少年事件に関する原因や背景について調査を行うため、当事者やその家族などさまざまな人に会い、話を聴きます。

たとえば、非行を犯した少年と面接を行い、直接的に「どうして事件を犯してしまったのか」と尋ねても、少年の中には、調査官に全く心を開くことなく、口を閉ざしているケースも多々あります。

少年の犯行的な態度や全く反省をしてくれないなどで悩んでしまうことも多いでしょう。

家庭裁判所調査官は、そのような場合でも少年の立ち直りを信じて、ときにはボランティアに一緒に参加するなどの活動を通して、根気強く少年の本当の気持ちに寄り添っていく必要があります。

少年の成長などを感じられた際には大きなやりがいとなりますが、それまでの怒りや悲しみといった人の生の感情に触れることは、大きなストレスとなってしまうこともあります。

避けられない転勤

家庭裁判所調査官は、全国にある家庭裁判所が主な勤務地となります。

裁判所は、男女ともに長く安定して働くことができるよう、休暇制度が充実していたり、ワークライフバランスを重視する職場風土があるため、一般的な民間企業より恵まれている部分も多くあります。

一方で、職務上、また昇進のために異動や転勤が避けられない職業でもあります。

独身で身軽な場合はいいですが、家族ができ、子育てや介護といった状況になった際には、転居は難しいというケースもあるでしょう。

そういった場合に、家族の協力や理解を得ながら仕事を続けられるよう、日頃から話し合いを持つことも必要となります。