歌手のやりがい

歌で思いを伝えることができる

歌手のやりがいは、何といっても自分の好きな歌や音楽の世界で仕事ができるということでしょう。

「好きなことを仕事にしたい」と考える人は多いはずですが、歌手になる人は皆、歌や音楽を心から愛しています。

歌を通してさまざまな思いや感情を表現し、大勢の人の心を動かすことができるのが歌手の魅力。自分が好きなことをして人に認められるというのは、ものすごく幸せなことです。

自ら作詞作曲まで手がけていくとすれば、より明確に自分の思いを表現することができます。

海外で認められる存在になる

歌手は、自らの希望によっては海外で働くこともできます。

プロとして活躍する日本人歌手の中にも、日本より海外での人気のほうが高く、活動の大半を海外に置く歌手もいます。

また、中には親善大使のように外国から認められて一目置かれたり、文化交流の使者として海外から歓迎される歌手もいます。

「歌や音楽に国境はない」といいますが、まさにその通りで、素晴らしい歌は世界中の人から認められています。

ファンの反応が実感できたとき

歌手としての評価は、さまざまな面に表れます。最もわかりやすいものの一つは「CDの売り上げ」ですが、それ以外にも、自らの人気ぶりや成果を実感できる機会はさまざまあります。

たとえば、ライブやコンサート、イベント等でファンと触れ合える機会を作れば、観客の反応がダイレクトに実感できます。

観客は「素晴らしい歌には思いきり盛り上がり、魅力を感じられないものには興味を持たない」といったように素直な反応をしますから、ある意味、自分の実力がとてもわかりやすい仕事だといえます。

また、最近ではファンレターのみならず、ブログやSNSを使ったコミュニケーションもしやすくなっているため、ファンの声が耳に届く機会も増えているといえます。

歌手は、ファンあってこそのもの。自分を慕ってくれるファンの存在は、歌手を続けていく大きなモチベーションにもなるでしょう。

芸能界へと活動の場を広げられる

歌手として有名になってくると、芸能界での人脈が増えていきます。

また、歌手である本人自身も「芸能人の一人」として扱われるようになります。

テレビや雑誌などへの出演依頼が増え、場合によってはモデルやタレントなど、歌手以外のさまざまな仕事の話もやってくるでしょう。

普通、「歌手になりたい」と考える人は、さまざまなやり方で自分の中にあるものを表現することを好んでいます。

表現できるチャンスが広がることで、より大きなやりがいや充実感が味わえるようになるかもしれません。