歌手の役割

さまざまな歌手がいる

歌手の役割は、歌を歌うことです。

しかし、一口に歌手といってもジャンルや形態はさまざまです。たとえば、1人で活動するソロの歌手もいれば、バンドやユニットを組んで活動する歌手もいます。

また、歌の上手さよりもアイドル性を重視したアイドル歌手、声楽を勉強したオペラ歌手、ジャズシンガー、ヒップホップ歌手、ロック歌手、シャンソン歌手、演歌歌手など専門ごとにたくさんの歌手がいます。

他にも、あまり表舞台に立ちませんがCMソングを歌うCMソング歌手やアニメの主題歌を歌うアニメソング歌手といった職人的な歌手もいます。

こういった歌手の場合は、歌手本人の個性よりも映像のイメージを壊さずに心に訴えかける歌を歌うことを求められます。

また、この他にもブライダルやイベントで歌を披露する歌手や、ボーカルレッスン講師を主な仕事とする歌手もいます。

活躍の場によって露出が異なる

歌手を大きく分けると、テレビなどにはほとんど出ずに歌を歌うことに専念する歌手と、テレビなどでの露出を増やして知名度を上げる歌手がいます。

前者の場合は自分の活動の場が既にあることが多く、オペラ歌手、ジャズシンガー、ヒップホップ歌手、ロック歌手、シャンソン歌手などがこれに当たります。

また、自分で作詞作曲した歌を歌うシンガーソングライターも前者のようなタイプが多くなります。

一方、後者のようなスタイルで活動するのは、アイドル歌手や演歌歌手といった形のものです。

これらの歌手は人気や歌の売り上げが活動に直結するため、メディアでの露出を増やす傾向があります。

童謡歌手は名曲の伝い手

歌手の中には童謡歌手のように、古くから伝わる歌を後世に伝える、世間に広めるといった目的で活動している人もいます。

こういった人たちは自分の歌を歌うことはまれで、昔から伝わる名曲を中心に歌います。