歌手の仕事内容

歌だけで生活できる人は一握り

歌手の仕事は、もちろん歌を歌うことです。

ただ、「歌を歌う」といっても、純粋に歌だけで生活できる歌手は一握りです。

デビューしたものの仕事が少ないため、事務所の雑用係や先輩歌手の付き人のようなことをしながらブレイクを待つ人も数多くいます。

普段の仕事

広く認知されている仕事は、ライブやコンサートで歌うことでしょう。

しかし、人前で歌うためには、持ち歌の数を増やさなければなりません。そのため、普段は歌のレッスンやレコーディング作業、ライブのための体力作り、ダンスや振り付けの練習などに時間を費やします。

また、歌を歌うだけではなく、タニマチと呼ばれるスポンサーとの付き合いも歌手の大切な仕事です。

スポンサーに呼ばれて飲みに行ったり、パーティーに付き添ったりすることも歌手にとっては欠かせません。

有名な歌手はこうして顔を売り、人脈を築いていきます。

小さな仕事も多い

大きな仕事としてはツアーやコンサート、CDなどがありますが、小さな仕事も数多くこなします。

たとえば、飲み屋やパチンコ屋での営業、イベント出演、ディナーショーなどがこれにあたります。

歌手は顔や名前を売ることも仕事のひとつです。そのため、CD発売前やコンサート前には、雑誌やテレビに出ることも仕事になります。こうした活動で人を惹きつけ、ファンを獲得していくのです。

ファンをどれだけ持つかというのは、歌手にとっては非常に重要なことです。

そのため、ファンクラブにメッセージを寄せたり、ファンとの触れ合いイベントを開催したりすることも大切な仕事です。

また、表に出ない仕事としては、カラオケの指導やボイストレーニングの講師、政治家や有名人の結婚式などで歌を歌う仕事などがあります。