歌手への転職

元会社員の歌手は意外に多い

「歌手」というと、生まれつき特別な才能を持った選ばれし人だけがなれる職業、というイメージを抱いている人も多いかもしれません。

もちろん、歌手を生業としていくためには、運や実力、センスなども大いに重要な要素となりますが、もうひとつ「すぐに結果が出なくても諦めない」という点も、成功するための条件といえます。

たとえば、いい年齢になって会社に就職をしながらも、好きな音楽の道で生きるという夢を捨てずに、休日や仕事時間外を使って地道に曲を作ったり、ボーカルスクールに通ったり、ライブ活動をしている人は多くいます。

一般的な「転職」のイメージとは少し異なるかもしれませんが、現在歌手として活躍する人の中にも「元会社員」の経歴を持っているケースは決して珍しくありません。

歌手は、実力やセンスさえあれば、学歴や資格は関係なく誰でも目指せる職業です。

また、年齢もあまり問われず、実際に30代を過ぎて「遅咲き」と言われながらデビューする人もいます。

転職をする前に考えておきたいこと

歌手は、良くも悪くも特殊な職業だといえます。

芸能人やタレントと同じように、人気商売の面も大きいですし、ある曲がヒットしたとしても、次の曲からはまったく売れず、稼げなくなり、第一線から消えてしまう歌手は大勢います。

歌手への転職を目指すのであれば、そういった厳しい現実を理解しておくことと、世間の逆風に負けずに立ち向かう勇気と精神力が求められます。

歌手として目立つようになれば、たくさんの人から「素晴らしい」と評価してもらえる反面、叩かれたり、批判の声にさらされることもあります。

しかし、落ち込んで自分が立ち止った瞬間、歌手としての活動は終わってしまいます。

「歌が好き」という熱意は絶対に必要ですが、それに加えて「どんな逆境も跳ね返してみせる」という覚悟も持って置くべきでしょう。