歌手の体調管理、喉のケア

体調管理の重要性

歌手は、自分の「声」を武器に身ひとつでお金を稼ぐことができる職業ですが、逆をいえば、健康な身体がなければ、歌手としてバリバリと活動していくことはできません。

だからこそ、プロの歌手は皆、日頃から高い意識を持って自分自身の体調管理に努めています。

まず気を付けるべきこととして、「飲酒・喫煙」については、ほどほどにすべきです。

とくにロックミュージシャンの中にはお酒を浴びるように飲む人もいますが、それは毎日のことではありません。

飲むのは仲間との集まりや打ち上げのときが中心であり、コンサートの前日は「ノンアルコール」を徹底する人もいます。

無茶な飲酒は、喉や肝臓に負担をかけてしまいますし、翌日二日酔いで思うように声が出ない…なんていうことになれば、プロとしてはもはや失格です。

また、喫煙も肺活量低下や喉の疾患の原因となる可能性があるため、歌手を目指すうえではできるだけ避けたほうがよいとされています。

喉のケア方法

日常的には、外から帰ったら必ずうがいをして、風邪予防に努めます。外出中もできるだけマスクをしたほうがよいでしょう。

とくに、冬場の乾燥は大敵です。プロになると全国ツアーなどで各地を移動することも多くなるため、移動中は必ずマスクをします。

また、宿泊先となるホテルは非常に乾燥しやすいため、加湿器を必ずレンタルしたり、濡れタオルを部屋に吊るしたりといった風に、さまざまな工夫をして乾燥対策をしています。

そのほか、喉にいい蜂蜜や飴をなめたり、水をこまめに飲んだりすることも大切です。

睡眠、食事にも気を付ける

歌手にとって大切なのは、自分の体調の変化に敏感であることです。

少し風邪っぽいなと思ったら、栄養のあるものを食べる。疲れが溜まっていると感じたら、できるだけ早く帰宅して多めに睡眠をとる。

このような意識を徹底するだけでも、体調管理に対する意識はだいぶ変わってくるものです。

歌手として成功し、長く第一線で活躍し続けるためにも、自分の体調は自分でしっかりと管理できる人間を目指しましょう。