歌手の種類

歌手にはさまざまな種類がある

歌手は、何か特別な資格を持っていなければなれないという職業ではありません。

ものすごく歌が好きで、人前で歌うことに喜びを感じるのであれば、誰でも、いつでも「私は歌手です」とアピールし、「アマチュア歌手」として活動をしていくことも可能です。

とはいえ、プロの歌手としてきちんとお金を稼ぎ、生計を立てていきたいのであれば、やはり「プロ歌手」を目指す必要があるでしょう。

昔も今も、プロ歌手として生きている人、つまり「歌手」を職業としている人はたくさんいますが、歌手は専門とする歌や音楽のジャンルごとに、種類分けすることができます。

歌手の主な種類としては、

・演歌歌手
・クラシック歌手
・ジャズ歌手
・ロック歌手
・ポップス歌手
・フォーク歌手
・アニソン歌手

などが挙げられます。

この中でも、たとえばクラシック歌手であればソプラノ歌手、アルト歌手、テノール歌手、バス歌手といったように、種類としてもより細かく分けられていきます。

普段、あまり歌手の種類を意識することは多くないかもしれませんが、どのような歌を歌うのかによって、実際に活躍していく場や、求められる歌唱力や技術は少しずつ変わってきます。

アマチュアで活躍する歌手も

これら以外にも、歌手の種類の分け方はさまざまあります。

たとえば、自ら作詞作曲まで手がける歌手のことは「シンガーソングライター」と呼ばれるのが一般的です。

また、街中でギターなどを弾きながら歌う歌手は、「路上歌手、路上ミュージシャン」として親しまれています。

さらに、歌手を職業としてやっている人であっても、メジャーデビューしている歌手から、インディーズで活躍する歌手まで、さまざまな人がいます。