歌手のスカウト

歌手のスカウトとは?

地道に音楽活動を続けていると、音楽プロダクションなどの業界関係者から「デビューしませんか?」といったスカウトの話を受けることがあります。

しかし、スカウトといっても条件はさまざまです。

本当に親身になってサポートしてくれるプロダクションもあれば、レッスン料をとって収益を上げることを目的に話を持ち掛けてくる、悪質なスカウトも中には存在するようです。

スカウトが来たからといってすぐに話に飛びつくのは禁物です。条件をよく聞き、本当に安心できる話か見極めてから契約するようにしましょう。

複数のプロダクションを比較検討する

「スカウトが来る」ということは、歌い手としてのレベルが少なからず認められるようになったということでもあります。

ここですぐに契約を決めるという選択肢もありますが、このままもう少し活動を続け、他のプロダクションからのスカウトが来ないか様子を見てみるのもひとつの方法です。

実際、デビューを決めた人の多くは、数社からのスカウトのうち最も信頼できそうなプロダクションに決めたと話す人も少なくありません。

会社によって売り出し方やカラー、歌手に対する考え方が違いますから、スカウトの話が本当に自分に合うのかどうか見極めてからでも遅くはありません。

都市部で活動するほうがスカウトには有利

スカウトされやすい場所は、ある程度決まっています。地方よりは都市部、とくに東京には多くの音楽プロダクションが存在しているため、スカウトの数も圧倒的に多いといわれています。

もちろん、実力があると噂になれば、地方にいてもスカウトが来ることはあります。

とくに近年は、動画サイトに自分の歌っている姿を簡単に載せることができるため、住んでいる場所は関係なく、自分自身をアピールしやすくなっているのも事実です。

しかし、やはり都市部に出たほうがスカウトの目に止まりやすいことから、若くして上京し、地道に一人で音楽活動を続けている歌手の卵も大勢います。

路上ライブ、あるいはライブハウスでのパフォーマンスなどを続ける中で、スカウトから声がかかることがあるのです。

なお、都市部には歌手志望の若者が多く存在しますから、地方に比べると必然的にレベルも高くなります。

厳しい環境ではありますが、信念を持って自分自身を磨き続けていくことで、チャンスを掴めるかもしれません。