歌手のつらいこと、悩み

人気が上がらない、注目されない

歌手は、歌唱力もさることながら、多くの人々を魅了するオーラや輝きが求められる職業です。

どれだけ歌が上手であっても、自分のキャラクターが時代にそぐわない、誰かの二番煎じのような歌しか歌えないといったような理由で、なかなか人気が上がらなかったり、売れても「一発屋」として世間から忘れられてしまう歌手も大勢います。

プロの歌手として売れたいと考えている人たちは、日々並外れた努力を続けていますが、どれだけ頑張ってもなかなか人気が出ないというのは、思っている以上に堪えます。

そもそも、歌手になりたいという人は「注目されたい!」という願望を抱いていることも多いため、なかなか人に振り向いてもらえないとなると、その事実が大きな不安となり自信を失ってしまう人もいるようです。

売れるほど忙しく、不規則な生活になりがち

歌手は、一般的な企業に勤める場合のように、勤務時間が明確に決められているわけではありません。

レコーディング、テレビやラジオ出演、雑誌やWeb媒体のインタビュー、ライブやコンサート活動など、案件によって勤務時間はまちまちです。

売れっ子歌手にもなれば早朝から深夜まで、ほとんど休む間もなく働きづくめになる日もあります。

歌手は身体が資本だからこそ、どれだけ忙しくても体調管理を怠ることはできません。

空いた時間にジムに通って体力をつけたり、短時間でリフレッシュできる方法を見つけるなど、さまざまな工夫をしながらストレス解消に勤めています。

悪い評価も受け止めなくてはならない

歌手としてデビューすれば、自分の歌はテレビやラジオ、インターネットなど、あらゆる媒体を通して、一気に世間にさらされることになります。

長年夢見ていた夢が現実のものとなった瞬間は、計り知れないほどの興奮や快感を覚えるでしょう。しかし、その先には、大きな恐怖心と闘わなければならないことも出てくるはずです。

どれだけ人気のある歌手であっても、人の好みはさまざまです。100%すべての人が、自分の歌を認めてくれるとは限りません。

とくに、インターネット上の掲示板など顔の見えない場所では、「叩くこと」そのものを面白がって、わざとネガティブな意見ばかり書くような人もいます。

実際、そういった評判を気にして、落ち込んでしまう歌手もいるようです。

プロの歌手としてやっていきたいのであれば、周りの意見に惑わされず、自分の目指すものに向かって突き進んでいく情熱と精神力が必要になってきます。