歌手にルックスは重要?

ルックスがあまり良くなくても、歌手にはなれる

「歌手という職業に魅力を感じているけれど、自分のルックスには自信がない…」そういう気持ちになり、歌手を本気で目指していくことをためらっている人もいるかもしれません。

しかし、実際のところ、歌手は誰もが見とれるほどの美貌を持っていたり、スタイルが良かったり、整った顔立ちをしている必要はあるのでしょうか。

結論からいうと、必ずしも「美人」「華やか」「スマート」「格好いい」といった要素を持ちあわせている必要はありません。

歌手は、一人ひとりの「個性」で勝負していく職業です。

当然、人を惹きつけるだけの歌唱力は必要となりますが、どれだけ歌がうまかったとしても、個性が感じられない歌、誰かの二番煎じのような歌では、まったく見向きもされないといったことが当たり前にあります。

逆に、たとえ身長が低かろうと太っていようと、それが「個性」としてものすごく輝いており歌の世界観ともマッチするようであれば、大ヒットすることも十分に考えられます。

もちろん、ショーに出てモデルのような活動をしたり、アイドルのような存在になりたいのであれば、美貌や華やかさも必要になってくるでしょう。

しかし、歌手としてどのような歌を歌うのか、どのような活動をするのかは、基本的に個人の自由。

ルックスが悪いから歌手にはなれない、と簡単にあきらめてしまうのは非常にもったいないことです。

自分に自信を持つことが大切

歌手としてやっていきたいのであれば、何よりも自分に自信を持つことが大切です。

「可愛くない、格好良くないから人前に出るのは恥ずかしい」そんな風に考えていると、その自信のなさは観客やファンにも素直に伝わってしまい、魅力的な人だとは思われなくなってしまいます。

歌手は表現者です。「自分の歌でこんなことを伝えるんだ!」という強い気持ち無くして、人に感動を与えたり、喜ばせたりすることはできません。

ルックス以上に、そういった強烈な思いこそが問われる職業だといえるでしょう。