歌手に必要なこと、求められるもの

すぐに良い結果が出なくても、諦めないこと

プロの歌手を目指す人は皆、「こんな歌手になって、輝きたい!」という大きな夢を抱いていることでしょう。

しかし、どれだけ強く歌手になりたいと思っていたとしても、本当に成功できるのは極わずかです。

歌手は地道な努力に加えて、センスや才能、人脈、そして運まで、さまざまな要素が絡み合って成り立つ職業です。

残念ながら、大半の人は道半ばで歌手になることを挫折してしまうか、デビューしたものの短期間でプロとしての歌手人生を終えていきます。

しかし、こう聞いてすぐに目指すことを諦めてしまうのか、それともほんの小さな可能性にかけて頑張ってみたいのか…。当然、歌手として成功できるのは、後者の道を選んだ人のみです。

どれだけ売れずにつらい時期があっても、簡単には挫けずに、自分が目指すところに向かって走り続けること。そういった「信念」こそが、歌手には必要になってきます。

逆にいえば、生半可な気持ちでは歌手として成功し、長く生き残っていくことはできません。

なりたい歌手像を明確にすること

一言で「歌手」といっても、人によって個性や歌のジャンル、活動内容はさまざまです。

たとえばロックやポップス系の歌手でいうと、ライブやコンサート活動をメインに活動する歌手もいれば、CDリリースを積極的に行う歌手もいます。

また、テレビやラジオなどのメディアには露出せず、裏で地道な活動を続ける歌手もいます。

プロ歌手であれば、こういった活動のコンセプトは、主に自分と事務所側で決めていくことになります。

歌手として売れれば売れるほど、世間のさまざまな意見が耳に入ってくる機会も多くなります。

評判は気になるところですが、「自分自身が歌手として何をしたいのか」をしっかりと持っていなければ、周囲の意見に振り回されるばかりになってしまうかもしれません。

「何かを伝えたい」という気持ち

歌手は、自分自身の歌声で、多くの人に勇気や感動、希望を与えていくことができる夢のある職業です。

実際、歌手として第一線で活躍する人たちも、「世の中を元気にするんだ!」「人の心に響く歌を歌うんだ!」という強烈な思いを持って、日々歌い続けています。

趣味のレベルを超えた職業歌手としてやっていきたいのであれば、ただ漠然と「歌が好き」という気持ちだけでは、なかなか人の心にまで届くものを歌うことはできません。

「自分は歌でこういうものを伝えたい、表現したい」そんな気持ちがあるかどうかも、歌手としてやっていくためには重要です。