歌手と楽器スキル(ピアノ、ギター)

歌手に楽器のスキルは必要?

「声」を使って音楽を奏でる歌手にとって、楽器は切っても切り離せない関係といえるかもしれません。

まったく楽器に触れずに歌だけで勝負する歌手がいる一方、自らピアノやギターを演奏しながら歌う、いわゆる「弾き語り」の活動をする歌手もいます。

歌手がどのような活動をしていくかは、人によって異なります。もちろん、歌手が必ずしも楽器まで弾けなければならないということはありません。

曲には必ずメロディーやリズムがありますが、楽器の演奏面に関しては、プロのギタリストやドラマーなどのミュージシャンが担当してくれたり、打ち込みで作ることも可能です。

たとえ楽譜があまり読めなくても、楽器が弾けなくても、並外れた歌唱力、個性的な歌声や、そして輝くセンスを持っているような人であれば、歌手として十分成功する可能性があるといえます。

楽器ができることのメリット

とはいえ、楽器のスキルを持っていれば、歌手活動にプラスの影響が出るともいわれています。

たとえば、演奏しながら歌うことでより歌に感情移入しやすかったり、自分が求める表現をしやすくなるといったことがあります。

もし自分は歌だけを歌うにしても、「演奏のこの部分をもっとこうしてほしい」というように、意見を挙げやすくなる一面もあります。

いわゆる「シンガーソングライター」といって、自分で作詞作曲まで手がける歌手の場合は、たいていピアノやギターを弾くことができます。

楽器のスキルアップをしながらコードを覚えたり、音楽理論を学んでいけば、歌手としての活動の幅も広がっていくでしょう。

なお、自分で作詞作曲まで行うと、その分だけ印税収入も増えます。