独学で歌手になれる?

必ずしも学校・スクールに通う必要はなし

歌手は、特定の学校やスクールに通わなければなれない職業ではありません。

デビューするためにはさまざまな方法が考えられますが、たとえばボーカルオーディションや歌のコンテストは、どのような人にも門戸が開かれています。

そのため、完全独学であろうと、実力さえ認められれば歌手になれる可能性は十分にあるといえます。

しかしながら、現実はそう甘くありません。実際、巷にはボーカルスクールや音楽学校が多々存在し、多くの実力ある歌手の卵たちが、日々これらの学校に通って厳しいレッスンを受けているのも事実です。

いくら本やインターネットがあるといっても、独学で歌唱力を上げるのはとても大変なこと。

ライバルが多数いるこの世界で少しでも早く、確実なデビューを目指していくためには、プロの指導を受けて実力を磨いていくことが必要といえるかもしれません。

指導を受ければ一気に伸びる可能性も

「歌い手を目指して独学を続けているが、なかなか伸び悩んでいる」という場合、プロの指導を受け、ほんの少しの「コツ」を身に付けることによって、一気に成長が加速することがあります。

そもそも、独学のデメリットは、客観的に自分の歌の良し悪しを判断しにくいことにあるといえます。

たとえば、喉に負担がかかるやり方のまま無理に歌い続けて声を枯らしてしまったり、「音程が微妙に外れている」「リズムがずれている」といった悪い部分に気付かないまま、変なクセがついて直せなくなってしまうこともあります。

そうならないためにも、できるだけ早い段階でプロのアドバイスを受けることはとても大切。

自分の歌に絶対的な自信があるという人も、一度はレッスンを受けておいて損はないはずです。