歌手のデビュー方法

職業歌手を目指す人たちは、日々「デビュー」できることを夢見て、地道な練習や音楽活動に取り組んでいます。

デビューするためにはいくつかの方法がありますが、ここでは、その代表的なものについて紹介していきます。

オーディション、コンテスト

歌手のデビュー方法として、最もよく知られているといえるのが「オーディション」や「コンテスト」です。

歌手のオーディションやコンテストは、主にレコード会社や音楽プロダクションが開催しています。

そこでは、歌手志望者がプロの審査員の前で自分の歌を披露したり面接を受けたりし、自分の実力やセンスなどをアピールすることができます。

一方、レコード会社や音楽プロダクション側にとっては、才能ある新人歌手を発掘することができるというメリットがあります。

規模はさまざまですが、オーディションやコンテストは、年間を通じて比較的多く行われています。

デモテープの送付

自分の歌が入ったCDなどを、レコード会社や音楽プロダクションに送付して売り込む、という方法も昔からよくとられています。

すぐに聴いてもらえるとは限りませんが、何か光るものを見出してもらえた場合には、「一度会いませんか?」という形で連絡が入ることもあります。

この方法をとる人は、自信の曲ができるたびに定期的に送ってみたり、複数の会社に送付しているような人も少なくありません。地道に種をまく活動だといえます。

ただし、デモテープを受け付けている事務所とそうでない事務所がありますので、できれば事前に音楽事務所に確認しておきましょう。

ライブ活動

ライブハウスや路上でライブをやりながら、少しずつ知名度を上げていくという方法をとる人もいます。

こちらはオーディション参加やデモテープ送付の方法とは異なり、少しずつ動員が増えていく喜びや、観客から直接反応がもらえるという特徴があります。

もちろん、ライブ活動と並行して、オーディションやコンテストに参加したり、自分の歌をレコード会社に売り込んでいる人もいます。

ライブをやって知名度が上がってくると、業界関係者の目にも留まりやすくなります。そこから徐々に人脈ができていき、デビューにつながるというケースもあります。

関係者の目に留まることが大切

音楽業界の人たちは、常に次世代の新人アーティスト発掘に勤しんでいます。

この業界は広いようで狭いため、「あそこにいい歌手がいるみたいだよ」という噂が広まれば、一気に注目される可能性もあります。

そのため、まずはあらゆる方法を駆使して、関係者の目に何とか留まるように意識することが大切だといえます。

ただ漠然と「歌手になりたい」と願っているだけでは、なかなか良いチャンスも巡ってきません。精力的に動き続けることで、少しでもデビューに近づくことができるでしょう。