官僚の役職

官僚制の構造について

日本の官僚制は、まず「大臣」を頂点とし、その下に「副大臣」「大臣政務官」「事務次官」…といったピラミッド型の構造で成り立っています。

このうち、大臣、副大臣、大臣政務官は「特別職」といわれ、基本的に国会議員の中から任命されます。

つまり、この人たちは国民から選挙で選ばれた政治家にあたるわけです。

そして、大臣政務官の下に位置する事務次官以下の役職に就く人が「一般職」といわれ、いわゆる官僚にあたります。

つまり、国家公務員試験を受けた資格任用によって、国の下で働く人のことをいいます。

官僚制の役職順

・ 大臣

・副大臣

・大臣政務官

・事務次官

官僚の役職

官僚とは、国家公務員の中でも、中央官庁の中で一定以上のポストにある人のことを指します。

官僚にも民間の会社に勤める場合と同じように多数の役職があり、経験や年齢、能力などによって昇進していきます。

官僚の最高位は「事務次官」。つまり、その省における官僚のトップです(ただし、法務省では検事総長、外務省では駐米大使または駐英大使など、省によってトップとされる役職は異なっています)。

事務次官の下にはいくつかの「局」と、人事や予算、会計監査や国会との連絡をとる「内閣官房」が置かれています。

どちらも形式的には同等の位の機関であり、それぞれのトップとなるのが「局長」や「官房長」です。

なお、局長クラス以上の人は「高級官僚」という言葉でまとめて呼ばれることもあります。

また、局長以下は主に「部長」「審議官」「課長」という順の役職になっています。

官僚の主な役職順

・事務次官

・局長、官房長

・ 部長

・審議官

・ 課長

企業で考えると、大臣を社長とすれば、事務次官は取締役クラスとなり、その下の局長や官房長は役員クラスに該当するといわれることもあります。

官僚になると、とくに問題を起こさない限り、課長クラスまでは自動で出世することができます。ただし、キャリア官僚でも課長以上の役職に就くためには、厳しい出世レースに勝ち抜かなくてはなりません。