官僚の現状と将来性

「官僚批判」の中でどう生きていくか

「官僚=高給取り」というイメージを抱く人は多いかもしれませんが、若手の官僚は激務になりがちで、残業続きの日々を過ごす人も少なくありません。

キャリア官僚というと響きは良いですが、近年は国家公務員の給料が削減された例もあるなど、決して素晴らしい待遇ばかりともいえない面もあります。

こうしたなか、事務次官をはじめとするトップのグループまで上り詰められる人はわずかであり、厳しい出世競争に耐え切れず、早期に民間企業への転職を決意するなど、別の道に進む人も少なくありません。

また、エリートであるはずの官僚に対するイメージも、決して良いものばかりではないのが事実です。

とくに近年は、メディアで政治家と官僚の対立が話題にのぼることも多く、世間の風当りの厳しさを実感することもあるはずです。

もちろん、こうした「官僚批判」の中でも、使命感を持って真摯に働く官僚も大勢います。官僚は国を実際に動かすために不可欠の存在であり、これからも国のために誇りを持って働く官僚は必要とされ続けるでしょう。

「天下り」に対する批判も大きい

「官僚」という言葉にしばしばセットでついてくるのが「天下り」です。

この世界における天下りとは、官僚が省庁で50歳くらいまで働いたのち、独立行政法人などに再雇用される独特の仕組みのことを指しており、日本の官僚は天下りによって、多額の報酬や退職金を得ている事実があります。

そして、こうした天下り先の団体には巨額の補助金が流れていることから、近年、この天下りに対する批判がますます強くなっています。

天下りの是非はさておき、実際、老後の天下りを期待して官僚になる人もいるようです。しかしながら、この先も天下りできる状況がずっと続くとは限りません。

こうしたことを総合して考えると、日本における官僚制度の行く先は、まだ未知数の面もあるといえるかもしれません。