官僚の魅力

国を支える大きな仕事に携われる

官僚の一番の魅力は、規模の大きな仕事に携われることといえます。

若くして年間数十億、数百億というお金が動くプロジェクトを任されることもあり、他ではなかなか味わえない経験がたくさんできる仕事です。

また、法律や税制の仕組み作りなどを通じて、国を支えたり、動かす実感を味わいやすいことも官僚の仕事の魅力です。

新しい制度を作る際には、一流の研究者などと議論する機会が得られ、自分自身の成長も実現できます。

専門知識の勉強が必要であったり、多数の情報をまとめて形にするなど難しい仕事ではありますが、責任感と使命感の強い人にとってはとても向いている仕事といえるでしょう。

公務員としての安定した待遇

官僚は国家公務員であるため、当然、待遇も他の公務員と同様のものが適用されます。

福利厚生が充実しているほか、産休や育休などの制度も整っており、一度仕事を離れたとしても復帰しやすい環境がしっかり整っていることは、公務員ならではのメリットといえるでしょう。

問題を起こさない限り、安定して長く働き続けられることも、この仕事の魅力といえます。

出世をすれば高い給料も得られる

「キャリア」としてステップアップすることになれば、年収1000万円を超えることも難しくはありません。

官僚のトップである事務次官になれば、ボーナスも含めた年収は軽く3000万を超すとされています。

立派な肩書を得られるなど社会的な信用度も高く、誇りを持って働くことができます。

しかしながら、黙っていて出世できるわけではありません。キャリアは厳しい出世争いをしなければならず、そのレースから落とされてしまえば民間と比べてそこまで高い給料が得られるわけでもないようです。

最前線で国を支える魅力ある仕事である反面、並ならぬ努力と強い精神力も必要になります。