官僚の1日

官僚といっても、勤務する省庁によって仕事内容は大きく異なります。ここでは、若手官僚のある1日の過ごし方について紹介します。

官僚の1日

7:00 起床

できるだけ余裕を持って起きるように心がけます。

8:30 出勤

自席についたらパソコンを立ち上げ、メールチェックと当日の予定を確認します。

10:00 官房へ

新人官僚は各局の筆頭課に配属され、窓口業務を任されることが基本となっています。

大臣官房総務課へ作業依頼を取りに行き、局に割り振られた作業依頼を確認。局内の関係課室に割り振りを行います。

12:30 昼食

昼休みは、気分転換に外へ食べにいくことも多いです。

忙しい日は売店でおにぎりやパンを買って、デスクで手軽に済ませることも。

14:00 電話対応

地方自治体や一般の方などから問い合わせの電話が入ることもあります。

わからないことは先輩に確認しながら、適切に答えていきます。

15:00 法令局へ

内閣法制局の法令審査があるため、上司と一緒に法制局へ外出します。

新人にとっては貴重な経験となるため、少しでも多くのことを吸収するように努めます。

18:00 主意書の確認

国政のさまざまな問題について、議会から文書が送られてきます。

内容によって、どの省庁が回答するのか限られた時間で決める必要があるため、関係がありそうな部局は慌ただしくなります。

20:00 雑務をこなす

扱う業務の幅は多岐に渡るため、毎日が勉強の連続です。

わからないこと、未知の専門用語などを見かけたら、自分で調べることを基本に先輩や上司にも相談します。

23:00 退庁

この日は、比較的早く帰宅することができました。

寝る前に今日覚えたことを整理して、しっかりと休んで翌日の仕事に備えます。

最初の1、2年は特に忙しい

どんな仕事をするにしても、ある程度の知識やスキルが身に付くまでは下積み期間として扱われるものです。

官僚も同様であり、どの省庁でも最初の1、2年間は雑務を任されるため、とてもハードな生活を送ることになります。

帰宅は深夜0時を超え、早朝になることもあります。もっと忙しい時期になれば、職場で1、2時間ほど仮眠しただけでまた仕事をするようなこともあるようです。

官僚の世界では、役職が上がっていけばいくほど忙しさはなくなるといわれていますが、新人時代は必死で仕事に向き合う毎日が続くかもしれません。