管理栄養士の役割

栄養学のプロフェッショナル

管理栄養士の役割は、栄養学についての専門知識を有し、一人ひとりの健康状態や栄養状態に合った食事のアドバイスをすることです。

食事は生きていくために欠かせないものですが、その人の生活習慣や抱えている病気等によって、どのような食事をとればいいかは異なってきます。

そこで、管理栄養士は専門知識を生かし、一人ひとりに最適な食事内容をアドバイスしていきます。

相手の健康状態を確認し、相談に乗りながら指導を行ったり、献立を考えたり、実際に調理を行います。

また、人々に正しい食や栄養の知識を身につけてもらうために教室を開いたり、子どもに食の楽しみを伝えたりと、栄養学のプロとしてさまざまな活動をしていきます。

国家資格をもって働く

管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。

似た職業に「栄養士」がありますが、こちらは都道府県知事の免許を受けた資格であり、おもに健康な人に向けた栄養指導や給食運営などの業務が中心となっています。

→→栄養士の仕事

一方、管理栄養士は健康な人ばかりではなく、病気の人や高齢者など幅広い人に向けて栄養指導や給食管理などを行っていきます。

医療に関わる一員としての役割

管理栄養士はさまざまな場所で働いていますが、病院で働く管理栄養士の役割のひとつとして「NST」というものがあります。

これは、日本語で「栄養サポートチーム」という意味で、医師や看護士、薬剤師などと一緒にサポートチームを組み、各患者さんの疾患や治療方針に応じて適切な栄養管理を行っていきます。

NSTを立ち上げている病院は次第に増えているだけに、管理栄養士の存在が必要不可欠です。

管理栄養士に求められるもの

管理栄養士の仕事といっても非常に幅広く、誰もが常に自分の希望する業務に携われるとは限りません。

本当は栄養指導をしたいけれど、実際の仕事場では毎日大量調理の繰り返しいうこともあります。

もちろん、自分の目指す姿があれば転職などで働く場を変えることもできますが、管理栄養士に必要なのは、食や栄養、そして健康に対する強い好奇心と向学心です。

管理栄養士は学校でもたくさんの基礎知識を身につけますが、現場に出てみて学ぶことのほうがずっと多い仕事です。

現代は管理栄養士の活躍分野がどんどん広がっているので、どんな現場でも諦めずに経験を積むことで、チャンスは広がっていくといえるでしょう。