管理栄養士の資格

栄養士と管理栄養士の資格

「管理栄養士」は、従来あった「栄養士」免許よりも後に誕生した資格です。

管理栄養士も栄養士も、栄養に関する専門知識を有することは同じです。

しかし、基本的に健康な人に向けて栄養学に基づいたメニューを考えたり、健康維持の提案を行ったりする栄養士に対して、管理栄養士はより高度な知識を持ち、さまざまな疾患を抱えた人などへの栄養指導や給食管理を行う役目を担っています。

簡単にいえば、栄養士の上級的な資格に当たるといえるでしょう。

栄養士の仕事

栄養関連の資格のなかでは唯一の国家資格であるため社会的ニーズが高く、栄養士資格を取得した人が、のちに管理栄養士にチャレンジすることも増えています。

栄養士と管理栄養士、どちらを目指す場合も、それぞれ国が指定する養成施設で学ぶ必要があります。

栄養士養成施設を卒業すると自動的に栄養士免許が交付されますが、その後管理栄養士の国家試験を受けるためには、一定期間実務経験を積まなければなりません。

そのため、管理栄養士を目指す場合は、管理栄養士養成施設で学ぶルートが近道です。

卒業して栄養士の免許が交付されると同時に、管理栄養士国家試験の受験資格も得られ、その試験に合格すれば管理栄養士の資格を取得できます。

資格を持つ人の需要は高まっている

管理栄養士の国家試験は、上記に挙げたような受験資格をクリアしていれば、性別や年齢は関係なく受験することができます。

ただし、合格者の状況を見ると、養成学校で学んだばかりの新卒者は90%程度の合格率があるのに対し、既卒者は20~30%程度の合格率となっており、学校で国家試験対策を受けた直後の人とそうでない人で随分と差があることに気付きます。

管理栄養士の試験では食や栄養だけでなく、人体や衛生、給食管理など幅広い専門知識が求められるため、資格取得のためには十分な勉強が欠かせません。

高齢化社会や生活習慣病が増加する現代。食や栄養の大切さも見直されており、管理栄養士の資格を持つ人の需要は、さらに高まっていくものと考えられています。