管理栄養士の勤務時間、休日

勤務時間・労働時間

管理栄養士の勤務時間は、どのような職場で働くかによって異なります。

たとえば、24時間のなかで複数人のスタッフが交代で働くシフト制勤務のこともあれば、朝から夕方ごろまでといったように毎日決まった時間で勤務することもあります。

管理栄養士に夜勤があるケースはそこまで多くなく、一般的には朝が早めの職場が多いようです。

管理栄養士の代表的な職場の勤務時間帯例は以下の通りです。

保育園

7:30~19:00

病院や施設

5:30~20:00

企業

8:30~18:00

スポーツジムやエステ関係

10:00~22:00

なかでも、病院や施設は患者さんや入所者の方の食事時間が細かく決まっており、朝食の準備を担当するとなると、朝は早く出勤するのが特徴です。

朝から午後、昼から夜までといったように、2交代制もしくは3交代制で働くことが多いです。

保育園も、子どもに対する食事の提供時間に合わせての勤務となります。1日の労働時間は、どの職場も実働で7~8時間程度です。

調理業務を担当せず、献立作成や栄養指導などの事務のみを行う場合は、早朝勤務になることはめったにありません。

スポーツジムやエステは、会社員のお客さまを対象とするケースが多いため、朝遅めにスタートし、夜遅くまで働くこともあります。

休日・休暇

病院や施設など、365日の食事提供がある職場ではシフト制勤務となることが多く、その場合は、休日も必ず土日祝日にとれるとは限りません。

ゴールデンウィークやお盆といった世間が休みの際にも出勤となる場合があります。

ただし、企業で働く場合など、なかには土日祝日が確実に休みという職場もあります。全体として年間休日は95~125日、平均して115日程度となっています。

休暇制度に関しては、有給休暇や特別休暇、産前産後休暇、育児休暇などが一般的ですが、職場によって内容は多少異なります。