派遣の管理栄養士

派遣の求人もある

管理栄養士は、病院や委託給食会社などの常勤や正規職員として働く人がいる一方、派遣社員として働くこともできる仕事です。

管理栄養士は専門職としてさまざまな分野で必要とされる職業ですが、求人はそこまで多くなく、倍率が高くなりがちです。

とくに条件のよい勤務先を選ぼうとすると、なかなか就職先が見つからず、仕方なく事務や調理などの仕事をメインで担当している管理栄養士もいるようです。

しかし、施設によっては正規職員としては募集していない求人が派遣として出されることもあります。

それによって、理想とするような業務に携わることができるチャンスを掴めるかもしれません。

正規職員にこだわらないというのであれば、派遣という働き方を視野に入れてみるのもよいでしょう。

派遣で働くメリット・デメリット

派遣で働くことのメリットは、まず自分の希望する勤務条件に沿った仕事が紹介してもらえることです。

勤務日数や勤務時間、勤務先の希望も出すことができ、残業や休日出勤はほとんどしなくてよいため、正規職員に比べると自由度の高い働き方がしやすいといえるでしょう。

経験豊富なベテラン管理栄養士になれば、時給アップも期待できます。

一方、デメリットといえる面もあります。派遣は基本的に契約期限が決まっており、契約が切れれば仕事が続けられなくなってしまう可能性があります。

場合によってはそのまま延長することもできますが、不安定さを感じながら働かなくてはならないかもしれません。

また、給料は時給制であり、正規職員に比べると収入が少ないケースが大半です。

なお、派遣の管理栄養士の仕事内容は派遣先によって異なり、厨房業務が中心のこともあれば、栄養指導や献立作成など幅広く携わる場合もあります。

また、特定保健指導などより専門的な仕事を担当できることもあります。

派遣先を決定する際には、仕事内容をよく確認しておくことをおすすめします。