管理栄養士になるための学校(大学、専門学校)

管理栄養士になるために

管理栄養士として働くには「栄養士」の免許を取得したうえで、管理栄養士国家試験に合格する必要があります。

具体的に管理栄養士になるための方法としてはいくつか挙げられますが、最も近道となるのが「管理栄養士養成学校(4年制大学・専門学校)」といわれる種類の学校に通うことです。

このほか、「栄養士養成学校(4年制大学、3年制短大・専門学校、2年制短大・専門学校)」に通ってから実務経験を積み、管理栄養士国家試験を受ける方法もありますが、管理栄養士養成学校を出れば卒業と同時に栄養士の免許を得ることができ、さらに実務経験なしで管理栄養士国家試験を受験することが可能です。

したがって、最初から管理栄養士になることを目指している場合には、管理栄養士養成学校に指定されている大学か専門学校へ進むのが一般的といえます。

どの学校を選ぶべき?

管理栄養士養成学校に指定されているのであれば、大学であっても、専門学校であっても、管理栄養士にとって必要な知識を学ぶことができ、卒業後の国家試験受験資格も得られます。

したがって、どちらに進学しても間違いではありません。

では、両者の違いがどこにあるかといえば、一番大きなのは大学の場合、栄養に関する専門科目以外の科目も多く設置されていることだといえるでしょう。

たとえば、大学では語学や法学、哲学、社会学といったような「一般教養」といわれる科目まで広く学ぶのに対し、専門学校ではそれらの科目が大学ほど多くなく、その代わりに調理実習などの授業が多めになっている場合が多いようです。

しかし、ひとくちに大学といっても、学校によってカリキュラムは異なりますし、専門学校のなかには非常に充実した施設を持っていたリ、演習をたくさん取り入れていたリするとこもあります。

学校選びの際には、複数の大学と専門学校のカリキュラムを見比べて、あらゆる面から比較して決定することをおすすめします。

就職はどちらが有利?

大学と専門学校では、卒業後に得られる学位にも違いがあります。大学は「学士」、専門学校は「専門士」となります。

普段、学位そのものを意識することはあまりないかもしれませんが、就職時、病院や施設などによっては大卒者を優先的に採用するところもあるようです。

また、初任給にも大卒者と専門学校卒者で差が付けられている場合があります。

こうしたことから、余裕があるのであれば大学への進学を検討する人が多くなっているようです。