フリーランスの管理栄養士

フリーランスで働くこともできる

管理栄養士は、企業や病院などに所属してスタッフとして活躍する人がいる一方、独立してフリーランスで仕事をする人もそれなりにいます。

しかし、この仕事は栄養学の専門知識が必要とされるほか、栄養相談や栄養管理など、現場でさまざまな事例を経験するなかでスキルアップできる面があります。

そのため、いきなりフリーランスになるのではなく、企業や施設などで何年か勤務して自信をつけてから独立という流れが一般的です。

どのような仕事をしているのか

フリーランスで活躍する管理栄養士は、人によってじつにさまざまな仕事をこなしています。

たとえば、イベントでの栄養相談、特定保健指導、病院での栄養指導、専門学校の講師、書籍執筆、セミナーでの講演活動、レシピや商品開発、飲食店プロデュース、料理教室の講師などが挙げられます。

「食」は人間にとって不可欠なものであり、さまざまな分野で管理栄養士が必要とされています。

フリーランスの管理栄養士は、食品メーカー出身の人もいれば、総合病院で栄養指導を中心にしていた人、飲食店で仕事をしていた人など、それぞれさまざまなキャリアを持っています。

築いてきたキャリアを生かしながら、自分の得意分野で管理栄養士としてのスキルを発揮するというのが多いようです。

フリーランスになると何か変わる?

フリーランスの管理栄養士になると、どのような仕事をするのか、仕事をどのように獲得するのかは、自分ですべて考えていかなくてはなりません。

企業などに勤めていた時代の人脈を利用して仕事をすることもできますが、現実はそう甘いものではありません。一から自分で営業活動をして、地道に仕事を増やしていく必要が出てくるでしょう。

軌道にのるまでは苦労が大きいですが、自分がやりたい仕事をしやすいのはフリーランスで働くことの魅力です。また、活動範囲も自分次第で広げやすく、さまざまな種類の仕事に挑戦することができます。

そして、管理栄養士としての実績が増えていき、たくさんの仕事が舞い込むようになれば、独立前より多くの収入を得られるようにもなるでしょう。