看護師は転職が多い?

看護師に離職が多い理由

就職率100%と言われる看護師の仕事ですが、実は離職・転職率がとても高い職業でもあります。

看護師の離職・転職率が高い一番の理由は、仕事のハードさでしょう。

高い志を持ち看護師の資格を取得し働き始めたものの、学校や実習では経験しなかった臨床の厳しさ、忙しさ、責任の重さなどが若い看護師には重圧となり、就職後数年で転職をする看護師がたくさんいます。

そのため、多くの病院では、卒後教育に力を入れ、資格を取ったばかりの看護師に「即戦力」を求めるのではなく、段階的に無理なく成長していくためのバックアップ体制を整えるようにしています。

結婚による退職

周囲の協力と、本人の強い意志で新人時代の2~3年を越え、一定期間勤務を続けると、早い人で20代終わりには「主任」などの役職に就くようになります。

しかしこの「一定期間」の間に、女性看護師は結婚により退職をしてしまうことがよくあります。

もちろん、結婚したからと言って退職をしなくてもいいのですが、夜勤のある病院では、出産育児をしながら働くことが容易ではないのが現状です。

看護師の離職・転職を防ぐには、女性のライフスタイルの変化に応じた職場環境の整備が不可欠となっているため、近年は、育児休暇の充実、24時間託児所の開設など、女性看護師が長年に渡って正職員として仕事ができるような配慮がなされた病院も増えてきています。

職場選びは慎重に

このように、医療機関は1人でも多くの人材(看護師)を確保するために、給与面、労働環境においてさまざまな取り組みを行なっています。

しかし、そのことが逆に看護師にとっては、超売り手市場の中「もっといい条件の病院で働きたい。」「もっといい条件の病院があるはずだ。」、「ここでなくても働くところはたくさんある。」という転職欲求を刺激することになっている一面もあります。
たしかに転職は、今よりもいい労働条件、楽な仕事になることもありますが、新しい職場で人間関係を築いたり、新しい仕事の流れを覚えるには計り知れない労力を要しますし、これまでのキャリアが目減り、または無になることもあります。

満足の行く就職先、満足の行く転職先を見つけるには、自分の適性、ライフスタイル、病院の特性、労働条件をしっかり見極めなくてはいけません。

仕事体験談