看護師の待遇

看護師の仕事をする上で、気になるのが待遇です。なぜなら、「看護師という仕事は魅力的だけど、待遇はよくない」というのが、世間一般の考え方だからです。看護師の待遇の実態はどうなのでしょうか?

給料

看護師は、その仕事の多さ、責任の大きさ、専門的知識の必要性の割に賃金が安すぎるとよく言われており、看護師と病院側との交渉も激しく行われています。しかしながら、一般職と比べると給与はよいと言えます。

勤務体制

看護師の勤務体制は、残念ながらあまりよいとは言えません。慢性的な人員不足は、そこで働く看護師にしわ寄せが来ます。具体的には、夜勤回数や残業の増加、受け持ち患者の増加などです。

労働環境の悪化により看護師の負担が増すことは、看護師の疲労度を高めるだけでなく、最終的には、患者さんに質のよい看護を提供することができなくなります。医療従事者として、それだけは絶対に避けばければいけないことです。

福利厚生

慢性の看護師不足に悩む病院にとって、看護師の確保はとても大切です。そのため、福利厚生は充実しているところが多いです。

例えば、具体的な例を挙げますと、病院では、看護師専用の寮を持っているところも多くあります。最近では、看護師のために、ワンルームマンションを用意してくれるところも多くあります。

また、小さな子供を持つ看護師のために、託児所を併設している病院もあります。
結婚、出産後も看護師を続けられる職場は、非常に魅力的です。

他にも、病院独自の年金制度を持っていたり、在職扱いで認定看護師の勉強をすることができたり、給与面だけでは判断できない「付加価値」が付けられていることもあり、看護師という仕事が、いかに求められているかを感じます。

仕事体験談