看護師の就職状況

看護に必要な知識と技術を習得し、看護学校を卒業(見込みを含む)すると、看護師国家試験受験資格が与えられます。国家試験は、毎年2月下旬に行なわれ、3月下旬に合格発表があります。

国家試験の合格率は例年90%前後と高く、多くの専門知識の学習と厳しい実習をやり遂げれば、かなり高い確率で看護師の資格を手にすることができると考えてもいいでしょう。

毎年、約5万人の新人看護師が誕生し、有資格者で実際に働いている人が約90万人いると言われる看護師の就職状況はどうなっているでしょうか?

看護師は不足している

新聞やテレビで報道されてご存知かと思いますが、看護師は慢性的な人材不足です。

その原因は多々ありますが、仕事のハードさ、責任の重さ、それに対する給与など労働条件の問題もそのひとつです。

また女性の多い職場であるため、出産・育児をしながら働ける環境が整っていないことも、離職率を高めています。

一方、高齢化社会が進み、看護師に対する社会全体のニーズが高まっていることが、需要と供給のバランスの悪さに拍車をかけています。

就職率はほぼ100%

このような理由から、看護師の就職率は、ほぼ100%で、この先もその必要性がなくなることはありませんから、一生の仕事として活かせる資格です。

ほぼ100%と書きましたが、看護師としてならどこに就職してよいと言うものではありません。

看護学校で学んでいく中でおぼろげながら、または確固として見えてきた「看護感」を求め、看護師一人一人が心に描く理想の看護、自分自身を高める看護ができる就職先を見つけることが定職率を高め、より質のいい看護を展開することになります。

仕事体験談