看護師の新人時代は大変?

一年目はつらい?

「看護師」を夢見て、難関とされる看護学校に合格し、病気や看護について幅広く学び、臨床実習で実際に患者さんのケアを行い、最終的に国家試験に合格してやっと手に入れた看護師の資格を手に医療現場に勤務した「新人看護師」を待ち構えているものは何でしょう?

「新人看護師」、その初々しい呼び名には、看護師としてのこれからの希望と、周囲の期待がたくさん詰まっています。慢性の人員不足に悩むこの世界において、新人看護師の若々しい体力と精神力、そして柔軟性は、医療界の期待の的です。

しかし一方で、看護師1年目はつらかったという声も聞こえます。それはなぜなのでしょう。

現実との直面

新人看護師が、まず戸惑うのは「現場」と「理想」の違いです。これまで、看護師になるために、たくさんのことを学んできましたが、それを実践する「場」は、教科書どおりには行きません。

加えて、授業では「血圧測定」だけ、「入浴介助」だけ、と単元だけ学んできましたが、現場では同時にいくつものことをしなくてはいけませんし、何人もの患者さんを受け持ちます。

知識はあっても、それを組み合わせて活用したり、患者さんひとりひとりに応じたやり方に工夫する力が新人看護師には乏しく、それがストレスや無力感になります。しかし、それらは「経験」を積むことで身につくことなので、焦らずにできることを、自分のやり方で行うのがよいでしょう。

とは言え、医療や看護の世界は、「命」を扱う仕事ですから、「新人だから」では許されない場面が多くあります。

新人時代は、覚えることがたくさんあり、実際に大変だとは思いますが、物の位置を覚えることも、手順を覚えることも、そして病院の仕組みを覚えることも、最終的には患者さんの「命」を守ることになると心して仕事を行ってください。

聞いて、見て、尋ねて、書く

新人時代は、覚えなくてはいけないこと、要求されることが多く、とても密度が濃い大変な一年です。新人看護師が、病院にとって期待の的であることは確かですが、「即戦力」になるとは期待していません。

経験を伴わない知識だけの新人看護師には、できないことがたくさんあることも、それを新人看護師自身が不安に思っていることも病院側は承知しています。ですから、新人看護師に対する「卒後教育」のプログラムを用意している病院も多くありますし、各部署の先輩スタッフも、新人を教育する心構えでいます。

新人看護師の強みは「尋ねることができる。」と言うこと。わからないことはどんどん聞きましょう。誰も「そんなこともわからないの?」とは言いません。これが2年目、3年目ともなると、今さら聞けなくなってしまいます。

それどころか、今度は自分達が教育係を任されます。新人看護師は、常に先輩看護師たちの話に耳を傾け、仕事振りを観察し、疑問点は尋ね、情報はすぐにメモをしましょう。それが、より早く仕事に慣れる近道です。

仕事体験談