社会人から看護師になるには

学生時代から自分の仕事をしっかり決めている人もいれば、社会人になってから新しい仕事に興味を持つ人もいます。

特に、高齢化が進み介護や看護の必要性が高まっている今、看護の場面を身近で目にして「自分も看護師になりたい」と思う人や、不景気な世の中、安定した収入を求めて看護師目指す人が増えてきました。

もちろん社会人からでも看護師になることは十分可能です。

看護学校に入学することが必要

まず、社会人から看護師になるには当然「看護学校」に入らなくてはいけません。この場合、考えられるのは、看護専門学校、看護短期大学、看護大学、准看学校の4つです。

しばらく学業から遠ざかっていた人は受験勉強で少し苦労するかもしれませんので、過去の問題を調べたり、医療系の予備校で情報収集をするとよいでしょう。

また、学校によっては、社会人は受験できないところや、大学卒業者であれば2年生に転入できる看護大学もあります。そういった意味でも事前の情報収集は大切です。

准看護師を目指すべき?

看護学校の中で、最も早く看護師になれるのは、准看護学校に2年間通い、准看護師資格を取得する方法です。

しかし、准看護師は給与、昇格において正看護師と格差があり、就職先も限られてきます。いずれ正看護師の資格を取るのであれば“まわり道”になってしまうでしょう。

昼間定時制とは?

また、少しでも収入を得ながら正看護師の資格を得たい場合は、医療機関で働きながら看護師の勉強ができる「昼間定時制」の看護学校もあります。

昼間定時制は、収入が得られるだけでなく、学習と平行して実際に臨床経験を積むことができます。

社会人経験のメリットもある

どの学校に入るにせよ、若い世代と一緒に学ぶことは、時に難しいと感じることもあるかもしれませんが、新しい発見もたくさんあります。また、若い学生にとってもよい刺激になります。

一度社会人を経験して、看護学校に通う人は底力が違います。強い決意と、将来に対する明確なビジョンは、難しい勉強や、厳しい実習も乗り越えていけるでしょう。

仕事体験談