平成27年 看護師の給与・収入の統計

※昨年度の看護師給与統計につきましては、<看護師の給料・年収>をご覧ください。

看護師、准看護師の平均年収の統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は38.2歳で約478万円、准看護師の平均年収は48.3歳で約396万円となっています。

<看護師>
・平均年齢:38.2歳
・勤続年数:7.8年
・労働時間:159時間/月
・超過労働:7時間/月
・月額給与:329,200円
・年間賞与:832,700円
・平均年収:4,783,100円

<准看護師>
・平均年齢:48.3歳
・勤続年数:10.9年
・労働時間:160時間/月
・超過労働:4時間/月
・月額給与:277,400円
・年間賞与:638,500円
・平均年収:3,967,300円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 看護師の年収(規模別)

看護師の年収は、勤務先の規模が大きくなるとやや高くなる傾向があります。

10〜99人規模の事業所に勤める看護師の平均年収は441万円、100〜499人規模は464万円、1,000人以上の規模では509万円、10人以上規模の事業所平均478万円となっています。

看護師の年収(規模別)_27

平成27年度 看護師の年収(年齢別・男女別)

年齢別に看護師の平均年収をみると、年齢とともに徐々に給与が上がる傾向にありますが、それほど大きくは伸びないようです。

看護師の男性の平均年収は487万円、女性は477万円となっています。ほかの職業と異なり、男女で年収の差があまりないという特徴があります。

看護師の年収(年齢別)_27

平成27年 准看護師の年収(規模別)

准看護師の年収も勤務先の規模にともなってやや高くなっています。10〜99人規模では376万円、100〜499人規模は406万円、1,000人以上の規模では414万円になっています。

准看護師の年収(規模別)_27

平成27年 准看護師の年収(年齢別・男女別)

准看護師の年収の上昇率は、看護師同様ゆるやかです。平均で見ると、看護師よりも数十万円ほど低めの年収となります。

准看護師の男性の平均年収は416万円、女性は395万円となっています。

准看護師の年収(年齢別)_27
※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。