病院以外での看護師の活躍の場

看護師の仕事場は、基本的に病院ですが、それ以外にも活躍の場はいろいろあります。
いくつか例を挙げてみましょう。

老人介護施設

高齢化社会が進む現代、老人介護の必要性は高く、多くの人材が求められています。その中でも専門知識を持って入所者のケアを行う看護師は需要はますます高まっています。

施設で働く看護師は、施設と地域医療を結び、入所者の健康面を管理する大切な役割を担っています。

訪問看護

在宅で療養治療を受けている方の家を訪問し、投薬や血圧の測定、ガーゼ交換などの医療、看護サービスを提供します。

独居老人にとっては、様子を見に来てくれるとても心強い存在です。また時には患者さんの家族の相談に乗ったり、指導を行ったりと、幅広い援助を行います。

検診や、企業の医務室、保育園など

検診は、疾病の早期発見のため、地方自治体や企業で行われる検診業務を専門で行います。それ以外にも、一見「医療」とは関係のなさそうな所にも、看護師の活躍の場があります。

例えば、大企業では、事業所内に医務室を併設しているところがあり、ここでは従業員の健康管理、治療を行います。

また、0歳児保育をする保育園では、看護師の常勤が定められています。ここでは、園児の急病、怪我に対して適切な処置を行うと共に、乳幼児の健康管理、観察、指導を行います。

発展途上国での医療支援

医療が充実していない発展途上国において、医療、および看護を行います。これは単に、患者さんをケアするだけはなく、現地の医療スタッフに、われわれの看護知識や技術を伝え、国が自立することを支援する目的もあります。

自分の力が多くの人に求められ、多くの人の役に立つことを実感する仕事です。

ここに挙げたのは、ほんの一例です。人が幸せに生きるために「健康」は欠かせません。人々の健康に対する関心が高まれば高まるほど、看護師としての活躍の場はますます増えていくでしょう。

仕事体験談