看護師に人気のある科は?

資質を考える

一口に病院勤務の看護師と言っても、配置される科によって仕事は随分違います。総合病院の場合、スタッフの人数によりますが、希望を聞いてもらえることもあります。

「看護師になったら何科で働きたいか。」、そんなちょっと先の話を考えてみましょう。

よく「看護師に人気なのは何科ですか?」と聞かれますが、それは「何」を重視するかによって違います。例えば、「仕事が楽で人気」、とか「給料が高くて人気」などです。しかし、それより一番大切なことは、あなたの看護師としての目標や、資質が何科に向いているかということです。

看護師としての知識や技術をフルに活かしたい人

看護師としての技術を活かし、最先端の医療現場で働きたいと思う人には、救命救急や、集中治療室(ICU),手術室、外科病棟などが人気です。

一人一人の患者さんと、じっくり向き合いたい人

一人一人の患者さんとじっくり向き合いたい人には、比較的入院期間が長い内科病棟が人気です。

緊急性の低い部署で働きたい人

どの科も、「命」を扱うことに変わりありませんが、その緊急性は各科によって差があります。

育児などでブランクがあり、復職をする際、緊急性の高い緊迫した職場への復帰に不安がある場合は、皮膚科や泌尿器科、耳鼻咽喉科のように、内科や外科と比べ、患者数や処置が少ない科が好まれる傾向があると思います。(あくまでも例であり、皮膚科や泌尿器科、耳鼻咽喉科にも緊急で処置を要する場面はあり、その科にあった看護技術が必要とされます。)

病院実習は貴重な経験

配属される科を考える時、大切なのは「人気があるか」よりも、「自分に合っているか。」です。

それを決めるよい機会が、看護学生の時に行う「病院実習」です。実習は、外来、病棟のさまざまな科で行われ、看護の現場を知るのに役立ちます。

まずは、看護学校で勉強していく中で、自分の興味のある科を見つけ、実習でその感触をつかむのがよいでしょう。

医師と違い、看護師は科を決める必要がありません。言い換えれば、どの科で働くこともできますし、どの科に配置されるかもわかりません。何科に行っても看護の仕事を遂行できるよう、幅広い知識と技術が要求されます。

仕事体験談