看護師を目指す人へメッセージ (体験談)

看護師の仕事は、誰もが「やりがいのある素晴らしい仕事」と認識しています。しかし、その認識以上に「仕事はきつく、賃金が安い。」という概念が定着しています。

実際、私も新人の頃は、毎日の業務と責任感に押し潰されそうになっていました。時には仕事に行くのが憂鬱で仕方がなかったこともあります。

「もう辞めてしまいたい。」と思ったことも一度や二度ではありません。「自分は看護師には向いていないんだ。」とも思いました。

私は、家の事情と、出産のために、これまで2回看護師を辞めています。看護師を辞めた直後は、とってもスッキリした気分で、「はぁ、やれやれ」と肩の荷が下りたような気がしましたが、不思議なことに、しばらく休養しているうちに、看護師の仕事に戻りたくなってきました。

他にもいろいろな仕事があるのに、看護師の仕事がしたくてたまらないのです。自分でも不思議でしたが、キツイ仕事の中で得たやりがいを、またもう一度感じたかったのだと思います。

もし、この先、みなさんが看護師になって、仕事が辛くてどうしようもなくなったら、一度、看護師の仕事から離れてみることも選択肢のひとつだと思います。

心と体がいっぱいいっぱいになる前に、少し自分の身を「看護」から離れたところに置き、見つめなおしてみてください。そこで気が付くことってきっとあると思います。

私が、看護師をして本当によかったと思うのは、看護は、仕事だけでなく、日々の暮らしの中でとても役に立つことです。

例えば、家族が病気の時には、少しでも症状が改善されるよう自宅で看る(みる)ことができますし、子供の怪我の消毒や止血をすばやく行うこともできます。

たとえ、育児で看護の職場を離れていたとしても、「家庭」が看護の場となり、これまでの知識や技術を活かすことができます。

人が快適に暮らしていく上で「健康」は欠かせません。全ての人が関心を持つ「健康」にかかわる看護の仕事は、人々の暮らしはもちろん、自分自身の人生も豊かにしていくと思います。

仕事体験談