看護師の面接

面接の準備と心構えをすること

人手不足に悩まされる医療の現場において、看護師は「超売り手市場」です。しかし、看護師の資格を持っていたら、誰でも望むところで仕事ができるとは限りません。

人の命を預かり、治療を行なう医療の場では優れた人材が求められ、それを判断する材料となるのが、履歴書と面接です。

面接は、就職希望者にとっても、病院の施設や経営者、職場環境の一部を見ることができると同時に、自らの熱意を直接伝えることができるよい機会なのですが、やはりよい機会と言うよりも、緊張してしまう人の方が多いことでしょう。

面接で緊張してしまうのは仕方がないことですが、あらかじめ面接に対する準備と心構えをしっかりしておけば、気持ちにゆとりができ、少しでもいつもの自分を出すことができます。

面接で聞かれることは?

まず面接の準備として、遅刻をしない、身だしなみを整える、挨拶をキチンとするといった、最低限のマナーを学んでおきましょう。

そして、面接で聞かれそうなことの答えをあらかじめ考えておくことも大切です。

看護師の面接で必ず聞かれることは、「自己紹介」と、「志望動機」です。志望動機については、病院の特徴を踏まえ、自らの能力にあっていることをアピールするとよいでしょう。
また、「どんな看護師になりたいか?」、「興味のある科はどこか?」と言うこともよく聞かれます。

その他、「短所、長所を教えてください。」、「最近読んだ本は何ですか?」、「なにかボランティア活動をしたことがありますか?」など、看護以外のことにも質問は及び、いろいろな角度から就職希望者の人間像を浮かび上がらせます。

そして、「この病院についてどう思うか?」、「この病院の看護理念を知っているか?」、「当院の看護配置基準を知っているか?」など、施設に関する質問もよくありますので、病院の特性や方針、看護理念などはよく調べておいた方がいいでしょう。

最近は、多くの病院がホームページを持っているので、そこで情報収集をすれば、面接対策だけではなく、実際に働いてからも役に立つことがいろいろ書かれていることでしょう。

面接は、雄弁ある必要はありません。

あなたという人物が、その病院で生き生きと活躍する姿を面接官がイメージできるよう、仕事に対する熱意を真摯に伝えましょう。

仕事体験談