看護師の勤務時間

看護師の勤務は、夜勤があるか、ないかで大きく変わります。夜勤のない仕事は、通常、午前8時~午後5時頃までの勤務です。これは、勤務先によって多少前後します。

看護師の勤務で特徴的なのは、やはり「夜勤」でしょう。夜勤には、3交代制と、2交代制があります。それでは、それぞれの勤務時間について見てみましょう。

3交代制の勤務時間

3交代制とは、一日を3つの勤務時間に分けたものです。簡単に言いますと、朝~夕方まで、夕方~夜中まで、夜中~朝までの3つです。

朝~夕方(8:00~17:00)までの勤務  → 日勤   
夕方~夜中(16:30~0:30)までの勤務 → 準夜勤
夜中~朝(0:00~8:30)までの勤務 → 深夜勤

と呼びます。勤務時間は、病院によって異なりますので、大体の目安として考えてください。

交代制の勤務時間

2交代制は、

朝~夕方までの勤務  → 日勤
夕方~翌朝までの勤務 → 夜勤、当直

の2つに分かれます。
当直は夜勤のように、夜も仕事をしますが、どちらかと言うと「夜間に何かあった時のための勤務」という位置づけのことが多く、入院患者さんからのナースコールや、救急車の受け入れがなければ仮眠することができます。そのため1回の勤務時間が長くなっています。

3交代制、2交代制、どちらも不規則な勤務で、生活のリズムがつかみにくく、肉体的な負担もありますが、24時間看護を必要とする病院においては不可欠な勤務体制です。

夜勤が看護師の負担になっていることは、管理する側(病院や看護師長)も十分理解しており、休日とのバランス、規則的な夜勤の配置など、看護師の肉体的負担の軽減に配慮しています。

その他の勤務時間

3交代制、2交代制の他にも、看護業務に合わせ、補助的に変則な勤務時間を設ける病院もあります。

例えば、準夜勤帯は、病棟に勤務する看護師は昼間と比べて少なくなります。しかし、就寝時間までは、食事介助や投薬など、しなくてはいけないことはまだまだ多くあり、準夜勤看護師だけでは手が回りません。

同じことは、早朝、患者さんが目覚めてから朝食を食べるまでの時間にも言えます。
このような状況を改善するため、夜勤看護師をサポートする「早朝出勤」、あるいは「午後出勤」という勤務体制もあります。

仕事体験談