准看護師から看護師になるには

准看護師を目指す理由はさまざま

正看護師と准看護師には、法律でその違いが定義されているにもかかわらず、実際には業務に大差がありません。しかしながら、昇給・昇格などの労働条件において正看護師とハッキリ違いがあります。

では、なぜ今も准看護師を目指す人がいるのでしょう。

それにはいくつか理由があり、中には個人的な経済的理由、家庭背景などもありますが、大きくは「正看護師の学校よりも入試が簡単なこと」、「最短2年で准看護師の資格が取れること」、「高等学校衛生看護科が存在すること」が挙げられるでしょう。

しかし学生生活を送るうち、あるいは実際に医療現場で働くなかで、正看護師の資格を取得したいと思う准看護師も少なくありません。そのような場合、准看護師から正看護師になる方法がいくつかあります。

最短で准看護師から正看護師になる方法

まず、もっとも最短で准看護師から正看護師になるのは「高等学校衛生看護科(3年)を卒業後、看護短期大学または看護学校(いずれも2年)」というコースです。

これなら高卒でストレートで3年制の看護学校に行くよりも1年早く正看護師の免許が取れます。

高校卒業後、准看護学校に2年通い資格を取得した後に、看護短期大学・看護学校に2年通う方法なら、看護大学と同じ4年で国家試験受験資格が与えられます。

「看護専修学校」とは

しかし、中には准看護師の免許を取った後、正看護師の学校に進学する機会を逃したまま、看護の仕事に従事し、正看護師の資格の必要性を感じている人もたくさんいます。

そのような人のために、2004年より、10年以上の臨床経験を持つ准看護師に対し、2年間の通信教育で看護師国家試験資格が得られる「看護専修学校」が設けられました。

これにより、長年医療機関で働き、経験と技術を持ちながらも、給与面などで十分な待遇を受けることのできなかった准看護師に、スキルアップ、キャリアアップの機会が与えられました。

参考までに、2001年の准看護師数は約42万人 → 2010年は約39万人 と減少しています。一方で正看護師は2001年約111万人 → 2010年約140万人 と増加しており、全看護師数の77%を占めます。

この数字からも、准看護師の現状が見て取れるかと思います。

仕事体験談